負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

'18セントウルSレース回顧 馬券は的中。

Chelseaです。

先週はセントウルSが行われた。当ブログでも特集し、考察記事・予想記事を書かせてもらった。
今日はそのセントウルSの予想結果とレース内容を振り返り、展望記事と予想記事を見比べていき、レース回顧を行っていく。

今後の馬券戦略の力をアップする為にも、自分の予想を振り返るのはとても大事だ。馬券が当たったときも外れたときも、しっかりとレース回顧は行っておきたい。

予想の見解と結果はどうだったのか。しっかりと見ていくとしよう。

セントウルSレース結果と考察記事の相違点

ここでは馬券に絡んだ馬たちの血統構成と、脚質、騎手を見ていく。
その後考察記事との相違点がないかを、血統・脚質・騎手の3つのファクターを1つ1つ分析していこう。

1着馬 ファインニードル

父系統 騎手
アドマイヤムーン フォーティーナイナー系 川田
母父 母父系統 脚質
Mark of Esteem ネヴァーベンド系 差し

2着馬 ラブカンプー

父系統 騎手
ショウナンカンプ プリンスリーギフト系 デムーロ
母父 母父系統 脚質
マイネルラヴ ミスタープロスペクター系 逃げ

3着馬 グレイトチャーター

父系統 騎手
サクラバクシンオー プリンスリーギフト系
母父 母父系統 脚質
Giant's Causeway ストームバード系 追込

これらが'18セントウルSで馬券に絡んだ馬の各種データとなる。
この結果を踏まえて、血統・脚質・騎手の3項目からレース名を振り返ってみよう。

血統

血統面での傾向について、考察記事では次のように書いている。

  • 米国型の血を持つ馬が相性の良いレース。特にフォーティーナイナー系はコース適性も高い。
  • サクラバクシンオーの血を持つ馬の相性が良いレース。サクラバクシンオーはプリンスリーギフト系。この系統も要注意。
  • サンデー系は不振。割引で良し。

1着のファインニードルは好走血統のフォーティーナイナー系。
2着と3着も好走血統のプリンスリーギフト系。
考察記事ではサンデー系が不振と書いたが、1~3着までで父か母父がサンデー系の馬はいない。
考察記事が大いに活きた形となった。

最近感じているのは、血統を見るときに優先すべき事項は「種牡馬」であると感じている。
まずは種牡馬を見ていくことを重視し、他の部分は補足的に見ていくべきだ。

脚質

脚質面での傾向について、考察記事では次のように書いている。

  • 勝ち馬は逃げ先行馬から。
  • 3着以内という観点で見れば、追込み以外の脚質成績は互角。
  • 上り3F順位が下位の馬が馬券になる消耗戦。
  • 逃げ馬を当てることが馬券的中へつながる。

レース結果を見てみると、1~3着までの馬の脚質は、【差し→逃げ→追込】となった。
上り3F順位は、【3位→11位→1位】といった順番。

考察記事では、逃げ先行馬有利で上り3F順位が下位の馬が馬券になると書いたが、結果は正反対のものとなってしまった。

原因としては、ペースが速くなることを想定できなかったことだ。
ただ逃げ馬を当てることが馬券的中へつながると書いたところは大正解で、逃げたラブカンプーが2着にくる結果となった。

騎手

脚質面での傾向について、考察記事では次のように書いている。

  • 阪神芝1200mが得意な騎手は、デムーロ 福永 川田 松山 幸。
  • 調子の良い騎手は、デムーロ 北村友 和田 松山 森 武 福永。
  • 重賞実績のある騎手は、デムーロ 武 川田 福永。
  • 上記3つに全て該当する騎手は、デムーロ 福永。

レース結果を見てみると、1~3着までの騎手は【川田→デムーロ→幸】の順番。
3人気共通するのは、セントウルSが行われた阪神芝1200mが得意条件である点。
先週の新潟記念のレース回顧記事でも書いたが、やはり騎手を分析するにあたって、優先すべきはコース成績であると思う。
次回からも活かしていきたい。

ちなみに川田とデムーロは重賞実績のある騎手でもあった。
さらにデムーロは、好調ジョッキーだった。

コース成績、重賞成績、近走成績がすべて優れている「3拍子揃った騎手」は無条件で予想印に入れておくべきだと感じた。


予想印と馬券の結果

ここからは、セントウルSで予想した馬の着順結果と、購入した馬券の結果について書いておく。予想も大事だが、馬券の買い方も同じぐらい大切。馬券の買い方で収支が大きく変わるので、しっかりと見直しておこう。まずは予想印から。

予想印と着順

馬名 着順
ラブカンプー 2着
ファインニードル 1着
ネロ 6着
グレートチャーター 3着
ラインスピリット 5着
アサクサゲンキ 12着
レジーナフォルテ 13着

厚い印を打った馬が馬券圏内を独占するという、我ながら良い予想ができたと思う。

馬券の買い方と結果

馬券はFプラン。
複勝◎
ワイド◎ー○

馬券は複勝、ワイド共に的中。
回収率は204%

最近Fプランを多用しているが、無駄のない良い買い方と感じている。
馬券の買い方については次の記事を参考にしてもらいたい。
https://www.chelsea-kizuna.com/entry/2018/07/12/173000www.chelsea-kizuna.com



まとめ

おかげさまで’18セントウルSは、なんとか馬券的中となった。
特に血統と騎手の考察がうまくいったことが馬券的中の要因であったと言える。

ただ反省点もあり、脚質の考察部分でレースペースが速くなることが想定できなかった点だ。
この部分は結果に驕ることなく、素直に反省点として挙げておきたい。

ただ脚質面でうまくいかなかった点も、血統と騎手の面でフォローができているので、こういった面では良い予想ができているのではないかと考えている。

馬券の買い方もうまくいった。
最近多用しているFプランを使い始めてから、収支は本当に安定しており、夏競馬からプラス収支が続いている。
この先はどうなるか予測不能であるが、しばらくはこの買い方にこだわっていきたい。
ダメになれば、また別の作戦を考えればいいだけのことだ。

今週はロースSを特集していく予定。
この調子を維持すべく、レース展望考察に100%の力を注いでいきたい。

最後に

いつもこのブログを見てくださって本当にありがとうございます。
今後とも応援のほど宜しくお願いします。