負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

朝日杯フューチュリティステークス2018 回顧

こんにちは。
Chelseaです。

昨日は朝日杯フューチュリティステークスが行われました。

題名にもあるように馬券は残念な結果に。

今日は馬券が外れてしまった原因を探るべく、もう一度レースを振り返っておこうと思います。

レース結果

1着 ...アドマイヤマーズ
父:ダイワメジャー(Pサンデー系)
母父:Medicean(ミスプロ系)
騎手:M・デムーロ
脚質:先行
上り3F:33.9秒 2位

2着 ...クリノガウディー
父:スクリーンヒーロー(ロベルト系)
母父:ディアブロ(ヘイロー系)
騎手:藤岡佑介
脚質:先行
上り3F:34.0秒 4位

3着 ○グランアレグリア
父:ディープインパクト(ディープ系)
母父:Tapit(エーピーインディ系)
騎手:ルメール
脚質:先行
上り3F:34.8秒 8位

無印の馬が1・2着を占める結果に。
なんとも情けないことです。

各予想ファクターデータ分析振り返り

それでは週中に行ってきたデータ分析を振り返り、結果と見合わせてみましょう。

血統傾向まとめ

  • ディープやPサンデー系といったマイラー撚りのサンデー系が強い。
  • キングカメハメハに代表されるキングマンボ系も得意とするレース。
  • 全体的にスピードタイプの血を持つ馬が活躍しやすい。

引用元:
朝日杯フューチュリティステークス2018 血統傾向・脚質傾向を調べました。 - 負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

レース結果は1着に好走血統のPサンデー系。
3着にも好走血統のディープインパクト。
このあたりは上手く分析ができていたと思います。

ただ正直2着のクリノガウディーは拾えません。
確かに昨年は母父ロベルト系が勝っていますが、さすがに手がまわりませんでした。
でもパドックを見直してみると、かなりいい感じの馬体でした。

脚質傾向まとめ

  • とにかく差し馬が有利。
  • 瞬発力が重要。過去好走馬のほとんどが上がり3Fタイム「33秒台後半〜34秒台前半」で、上がり上位の馬が馬券になる。

引用元:朝日杯フューチュリティステークス2018 血統傾向・脚質傾向を調べました。 - 負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜
レース結果を見てみると、馬券圏内を占めた3頭全てが先行馬と完全に読みを外していました。
スローペースになったことが原因だと思います。

こうなってしまうと中団より後ろに位置している馬はよっぽどの能力がないと馬券圏内に来るのは難しいでしょう。

スローペースになったことで、上がり最速の馬は馬券圏外に沈みました。


騎手データおさらい

  • コース・近走・重賞成績が全て優秀な★3つ騎手はMデムーロ・川田・ルメールの3人。
  • 近走好調で大舞台に強い★2つ騎手はビュイック。重賞複勝率は100%。
  • 他に買える要素のある騎手は、松田・四位・福永・坂井・Cデムーロ・岩田・津村・武豊。
  • 松田・福永はかなり得意とするコース。
  • 岩田・津村はかなり調子がいい。

引用元:朝日杯フューチュリティステークス2018 騎手データを分析。 - 負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

馬券になった騎手はデムーロ・藤岡佑・ルメール。

やはり★3つ騎手は来ますね。
デムーロ・ルメールはかなり人気になっていたので買うのを躊躇してしまいました。

デムーロを本命にすることを迷ったので、オッズを気にせず買うべきでした。


予想印とレース結果

◎ ケイデンスコール 13着
○ グランアレグリア 3着
▲ドゴール 12着
☆ ファンタジスト4着

差し馬を中心に印を打ったので散々な結果に。

長期の休み明けの馬を本命にしたことも間違いでした。

ただファンタジストは差しながら4着なので、負けて強しの内容。
次回狙えそうです。


まとめ

というわけで今日は馬券的中とならなかった朝日杯フューチュリティステークスを振り返ってきました。

ここで反省点をまとめておきましょう。

  • レースの展開読みを誤った。
  • オッズに惑わされた。
  • 素直に★3つ騎手に印を打てなかった。
  • 長期休み明けの馬を本命にした。

今回の反省点はこんなもんでしょう。
かなりたくさんありますね。
これからの馬券に活かしていかなければなりません。

今週はとうとう有馬記念。

一年を締めくくる大切なレースなので、必ず馬券を当てたいところです。
気合いをいれて考察していきます!


No Keiba , No Life.
以上のChelseaでした!