負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

朝日杯フューチュリティステークス2018 血統傾向・脚質傾向を調べました。

こんにちは。
Chelseaです。

先週の阪神JFはおかげさまで馬券的中となり、年間プラス収支は確実なものとなりました。(年内の予算を守ればですが。)

今年も残る所あと3週。
この勢いをそのままに馬券的中率100%を目指して頑張っていこうと思います。

さて今週は先週に引き続き2歳GⅠ。
今回は2歳牡馬マイラーナンバーワンを決める「朝日杯フューチュリティステークス」が行われます。

今日はこのレースの血統と脚質の傾向について、データを分析していきたいと思います。

朝日杯フューチュリティステークス過去好走馬血統傾向

2018朝日杯フューチュリティステークス血統過去

上の表は朝日杯フューチュリティステークス過去4年好走馬の血統構成を表したもの。

これを見て気付いたことを書いていきます。

マイラー系のサンデー系が強い。

数あるサンデー系種牡馬の中でも、ディープインパクトやPサンデー系といったマイル戦で強いサンデー系種牡馬の好走が目立っています。

キングマンボ系も強い

キングカメハメハ産駒に代表されるキングマンボ系種牡馬の好走が目立ちます。ロードカナロアやルーラーシップもキングマンボ系種牡馬に該当しますので覚えておきましょう。

全体的にスピードタイプが有利

あと好走しているのは、米国型血統やプリンスリーギフト系・ダンチヒ系といった、どちらかというとスピードに溢れた血統の馬が好走する傾向にあるようです。


それでは次に脚質傾向も掴んでおくために、データを分析しておきましょう。


朝日杯フューチュリティステークス過去好走馬脚質傾向

2018朝日杯フューチュリティステークス脚質過去
上の表は朝日杯フューチュリティステークス過去4年好走馬の脚質や上がり3Fタイム・順位を表したもの。

これを見てわかることを書いていきます。

差し馬が圧倒的に強い

過去4年の好走馬12頭中8頭が差し馬となっており、圧倒的に有利であることがわかります。
馬場がシブっても差し馬が有利です。

上がり3Fは重要

好走馬のほとんどが上がり3Fタイムが33秒台後半〜34秒台前半と瞬発力が求められるレースです。
上がり3Fタイム1位・2位の馬は毎年1着2着。
メンバー中で上がり最速または上位の馬を当てることが馬券的中への近道かもせれません。


まとめ

というわけで今日は朝日杯フューチュリティステークスの血統傾向と脚質傾向・展開の傾向について見てきました。
今回調べたことをここでまとめておきましょう。

血統傾向まとめ

  • ディープやPサンデー系といったマイラー撚りのサンデー系が強い。
  • キングカメハメハに代表されるキングマンボ系も得意とするレース。
  • 全体的にスピードタイプの血を持つ馬が活躍しやすい。

脚質傾向まとめ

  • とにかく差し馬が有利。
  • 瞬発力が重要。過去好走馬のほとんどが上がり3Fタイム「33秒台後半〜34秒台前半」で、上がり上位の馬が馬券になる。

まとめるとこんな感じです。

特に展開面での傾向が躊躇に出ているので、該当する馬がいれば積極的に狙っていってもいいのではないでしょうか。

次回は今日調べたデータを参考に、朝日杯フューチュリティステークスで人気になる馬を見ていきます。

またご覧になってください。


No Keiba , No Life.
以上Chelseaでした!