負けない、そして勝つ競馬 〜Not Lose & Win〜

競馬で勝つにはまず負けない馬券の買い方が重要であると考えています。三連複・3連単などの馬券は確かに爆発力はありますが、的中率がどうしても低くなってしまうためメンタルの維持が難しく資金も上手く回転しません。僕が推奨するの馬券は単勝・複勝・ワイド。軸馬が馬券圏内に来た時に確実に払い戻しを受けることができる馬券です。この3つの馬券でより高い的中率と回収率を目指して研究しています。重視する予想ファクターは血統・脚質・騎手の3本柱。この3つのファクターと3つの馬券の組み合わせで競馬は勝てると考えています。

エリザベス女王杯 人気馬考察 買える人気馬と危険な人気馬は?

こんにちは。
Chelseaです。

この記事を書き始めているのは11月7日の22:40。
今日で夜勤最終日です。

明日は夜勤明けの休みで午前中寝れそうなので、体を休めてから夕方ぐらいに園田競馬場にでも行こうかなと思っています。

最近全然いけてないんですよね。
転職活動なんかもありすし。

そろそろ次の会社説明会も行かないといけませんね。

なかなか時間が取れなくて困っています。

とにかくサッサと今の会社をやめれる態勢を作っておかないといけません。


さて今週はエリザベス女王杯を特集しています。

今日はそのエリザベス女王杯で人気になる馬を今までのデータ分析を参考にしながらに見ていきたいと思います。

エリザベス女王杯予想オッズ


上記表はエリザベス女王杯2018の予想オッズとなっております。

やはり1番人気は実力馬のモズカッチャンですね。

今日はこの5頭を細かく見ていこうと思います。

1番人気 モズカッチャン

2018エリザベス女王杯予想オッズ1番人気モズカッチャン
父はダンチヒ系のハービンジャー。
母父は好走血統キングマンボ系のキングカメハメハ

昨年の当レース覇者であり適正の高さは証明済みです。

もともとは先行馬だったのですが、近走は出遅れがかなり目立っています

前走札幌記念も出遅れており、それでも3着と能力は認めますが、GⅠレースでの出遅れは致命的となります。

今回も出遅れることは十分に考えられるので、危険な人気馬という見解です。

厚い印を打つ可能性はありますが、飛んでくれれば馬券的に面白いと思います。

2番人気 ノームコア

2018エリザベス女王杯予想オッズ2番人気ノームコア
父ハービンジャーは昨年の勝ち馬モズカッチャンと同じですが、母父が主流血統でないことから期待値が高いとは言えません。

瞬発力もあり展開的にも有利かもしれませんが、初の関西遠征ということで厚い印は打ちにくい。

ルメール人気をしていると思いますし、妙味なしと見ています。

3番人気 リスグラシュー

2018エリザベス女王杯予想オッズ3番人気リスグラシュー
父は好走血統Tサンデー系のハーツクライでトニービンの血を持っているのが大きなプラス材料。

脚質もエリザベス女王杯て有利と思われる差しで、鞍上モレイラというのも大きなプラス材料。

瞬発力勝負にも対応可能なので、去年のように御手を踏まなければ、十分勝ち負けはあると思っています。

厚い印を打つことになりそうです。

4番人気 レッドジェノヴァ

2018エリザベス女王杯予想オッズ4番人気レッドジェノヴァ
父がロベルト系で、母父がリファール系と欧州血糖同士の組み合わせ。
少しスピードが足りない印象です。

先行して鋭い脚を使ったこともあるので買いたくなる馬ですが、血統派としては本命にはできません。

印をつけたとしても相手までといったところでしょう。

5番人気 カンタービレ

2018エリザベス女王杯予想オッズ5番人気カンタービレ
父は好走血統のディープインパクト。
母父は欧州型ノーザンダンサー系のサドラーズウェルズ系。

母父が米国型ならばなお良かったのですが、父がディープインパクトというだけで十分に買う要素はあります

前走後手を踏んでいるのは気になりますが、普段は安定して先行できる器用な馬です。

速い上がりにも対応可能ですので、どんな展開になっても対応できるのも強み。

印を打つ可能性は十分にあります。



まとめ

というわけで今日は先日分析した予想ファクターのデータをもとに、今年のエリザベス女王杯で人気になる馬を考察してきました。

ここで現時点で厚い印を打つ可能性がある馬をあげておきましょう。

  • モズカッチャン
  • リスグラシュー
  • カンタービレ

この3頭のどれかに本命印を打つ可能性が高いです。

次回は騎手データを分析していきます。

是非ともごらんになって頂ければと思っています。


No Keiba , No Life.

以上Chelseaでした!