こんにちは。
チェルシーです。

今週は宝塚記念。
阪神芝2200mで行なわれるGⅠクラスのレースです。

当ブログでは、このレースに力を入れて各予想ファクターのデータを分析していくのですが、本日はレース展開について触れていきたいと思います。

過去5年宝塚記念のレース展開

2018年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ミッキーロケット先行35.82
2ワーザー追込35.31
3ノーブルマーズ差し36.15
Lap12.2-10.8-11.4-12.7-12.3-12.0-11.8-12.1-12.2-11.7-12.4
2017年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1サトノクラウン差し35.41
2ゴールドアクター追込35.41
3ミッキークイーン追込35.53
Lap12.5-11.1-11.6-13.1-12.3-11.7-11.6-11.8-11.7-11.8-12.2
2016年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1マリアライト差し36.32
2ドゥラメンテ差し36.11
3キタサンブラック逃げ36.84
Lap12.6-11.0-11.1-12.3-12.1-12.4-12.3-12.2-11.9-12.2-12.7
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ラブリーデイ先行34.85
2デニムアンドルビー追込34.01
3ショウナンパンドラ差し34.74
Lap12.2-11.6-12.2-13.4-13.1-12.7-12.5-11.7-11.0-11.6-12.4
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ゴールドシップ先行35.21
2カレンミロティック先行35.84
3ヴィルシーナ逃げ36.39
Lap12.9-11.6-11.9-13.2-12.8-12.1-12.0-11.8-11.7-11.8-12.1

上の表は過去5年宝塚記念好走馬の脚質・上がり3F、そしてレースラップを示したものです。
馬名が赤字の馬は4番人気以下の馬となっています。

過去5年の脚質傾向を見ると好走馬の脚質は
逃げ→2頭
先行→4頭
差し→5頭
追込→4頭
となっています。

阪神内回りコースで行なわれる、最後の直線が短いコース形態ですが、近年は追込みが決まるレースとなってきています。

レースラップは、道中極端にラップが遅くなる部分はなく、淀みないペースでレースが展開されることが特徴です。

その分上がり3Fタイムはかかるので、こういったタフなレースに対応できる馬を選ぶのがいいでしょう。
瞬発力一辺倒の馬では厳しいですし、こういった馬は人気になりやすいので、疑ってかかるのが正解だと思います。

スポンサーリンク



阪神芝2200mで有利な脚質

脚質勝率勝率複勝率
逃げ0- 2- 0- 1/ 30%67%
先行2- 1- 1- 3/ 729%57%
差し1- 0- 0- 3/ 425%25%
追込み0- 0- 2- 3/ 50%40%
データ条件:過去3年 良馬場 単勝オッズ1~50 OPクラス

阪神芝2200mの条件で行なわれるレース自体が少ないので信憑性の高いデータかと言われれば疑問ですが、先行が1番有利な脚質となっています。

逃げは勝利こそありませんが、好走率は高くなっているので注目です。

差しは1勝していますが、追込みは勝てていません。

前から競馬をした馬が有利となっています。


まとめ

コース特性としては逃げ先行が有利なのですが、レース特性としては差し追込みが有利となっています。

これはやはり宝塚記念がGⅠということで、レースのラップが道中厳しくなるというのが要因ではないかと思います。

あとは馬場状態を考慮し、有利になる脚質などを見極めていきます。

本日はこれにて以上となります。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!