こんにちは。
チェルシーです。

今週はスプリンターズS強化週間です。
前回の記事ではスプリンターズSの血統について僕なりの見解を書かせていただきました。

今日取り上げるのはレース展開についてです。
どんな展開に向いている馬が馬券に絡むのでしょうか?

過去のレース結果から傾向を読み解いていきましょう。

スプリンターズS過去好走馬の脚質と上がり3Fタイム・順位

2018年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ファインニードル差し34.53
2ラブカンプー先行35.19
3ラインスピリット先行35.08
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1レッドファルクス差し33.02
2レッツゴードンキ差し33.14
3ワンスインナムーン逃げ33.812
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1レッドファルクス差し33.57
2ミッキーアイル逃げ34.215
3ソルヴェイグ先行34.011
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ストレイトガール差し33.12
2サクラゴスペル差し33.45
3ウキヨノカゼ追込32.81
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1スノードラゴン差し33.93
2ストレイトガール差し34.26
3レッドオーヴァル差し34.510
※馬名が赤字の馬は4番人気以下の人気薄

上の表は過去5年におけるスプリンターズSで馬券に絡んだ馬の脚質や上がり3Fタイム・順位をまとめたものとなっていますの。

スポンサーリンク


有利な脚質は差し

まず脚質面ですが過去5年全体で見ると差しが有利となっています。
勝馬に関しても5年連続で差しがレースを制していますし、差し有利と見て間違いないでしょう。
ただ逃げ先行が2着3着を占める年もあるので、前から競馬をする馬も侮れません。

求められる能力は総合力

次に上がり3Fですが、良馬場で行われた年の好走馬のほとんどが上がり3Fタイム33秒台をマークしています。
GⅠ戦ということでスプリンターズSはレース前半から厳しいラップタイムとなることで有名ですが、それでいて上がり3Fタイムは33秒台というスピードが必要です。
それと同時にもちろんスピードとスタミナの持続力も必要となってきます。
スプリンターズSはより総合的な能力が求められる事からわかりますね。

予想の参考にしてみてください!

スポンサーリンク