こんにちは。
チェルシーです。

今週は重賞2本立て。
頑張っていきます!

前回は七夕賞の過去の傾向について記事を書いてきましたが、今日はもう一つの重賞である「プロキオンS」について書いていこうと思います。

書かせていただく内容は、過去の傾向について。
血統レース展開いうファクターから、傾向を読み解いていきます。

最後までお付き合いいただければ幸いです。

プロキオンS過去好走馬の血統

2018年父(父系統)母父(母父系統)
1
マテラスカイ
SpeightstownRahy
ミスプロ系レッドゴッド系
2
インカンテーション
シニスターミニスターMachiavellian
エーピーインディ系ミスプロ系
3
ウインムート
ロージズインメイマイネルラヴ
ヘイロー系ミスプロ系
2017年父(父系統)母父(母父系統)
1
キングズガード
シニスターミニスターキングヘイロー
エーピーインディ系リファール系
2
カフジテイク
プリサイスエンドスキャン
フォーティーナイナー系ミスプロ系
3
ブライトライン
フジキセキKing of Kings
Pサンデー系サドラーズウェルズ系
2016年父(父系統)母父(母父系統)
1
ノボバカラ
アドマイヤオーラフレンチデピュティ
サンデー系ヴァイスリージェント系
2
ニシケンモノノフ
メイショウボーラーアフリート
ヘイロー系ミスプロ系
3
キングズガード
シニスターミニスターキングヘイロー
エーピーインディ系リファール系
2015年父(父系統)母父(母父系統)
1
ベストウォーリア
Majestic WarriorMr. Greeley
エーピーインディ系ミスプロ系
2
コーリンベリー
サウスヴィグラスミシックトライブ
フォーティーナイナー系ミスプロ系
3
キョウワダッフィー
キングカメハメハブライアンズタイム
キングマンボ系ロベルト系
2014年父(父系統)母父(母父系統)
1
ベストウォーリア
Majestic WarriorMr. Greeley
エーピーインディ系ミスプロ系
2
キョウワダッフィー
キングカメハメハブライアンズタイム
キングマンボ系ロベルト系
3
ガンジス
ネオユニヴァースSilver Deputy
Dサンデー系ヴァイスリージェント系
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は、過去5年プロキオンS好走馬の血統構成をまとめたもの。

どういった傾向があるのでしょうか。
1つずつ見ていきます。

注目血統① ミスタープロスペクター系

とにかく父か母父がミスタープロスペクター系の馬が強いレースで、過去好走馬15頭中10頭が父か母父にミスタープロスペクターの血が入っています。

上の表で言うと、フォーティーナイナー系キングマンボ系もミスタープロスペクター系に分類されます。

毎年馬券になっている血統で、開催年によっては1〜3着を占めている年もあります

注目血統② エーピーインディ系

米国型ナスルーラ系に分類される、エーピーインディ系の好走も目立ちます。

過去5年で3勝と抜群の勝負強さを見せてくれています。

注目血統③ 米国型×米国型

過去5年好走馬の父・母父の組み合わせは、米国型×米国型の配合の馬がほとんど。

とにかくアメリカ血統が強いレースです。

スポンサーリンク


過去5年プロキオンSのレース展開

2018年不馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1マテラスカイ逃げ35.65
2インカンテーション追込35.43
3ウインムート先行36.29
Lap11.9-10.7-10.9-11.2-11.6-11.2-12.8
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1キングズガード追込35.61
2カフジテイク差し36.02
3ブライトライン差し36.43
Lap12.2-10.9-11.1-11.8-12.1-12.4-12.4
2016年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ノボバカラ先行36.66
2ニシケンモノノフ差し36.44
3キングズガード追込35.41
Lap12.2-10.7-11.2-11.3-11.8-12.0-12.9
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ベストウォーリア先行35.64
2コーリンベリー逃げ36.211
3キョウワダッフィー差し35.76
Lap12.0-11.1-11.5-12.0-12.3-11.4-12.2
2014年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ベストウォーリア差し35.43
2キョウワダッフィー差し35.55
3ガンジス差し36.18
Lap12.2-11.0-11.5-11.8-12.0-11.8-12.3
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は、過去5年プロキオンS好走馬の脚質・上がり3F、レースラップをまとめたものです。

脚質的には、ダート短距離戦としては意外にも差しが決まる印象です。

やはり中京競馬場は最後の直線が長く急坂もあるので、必然的に差しが決まる展開になりやすいのだと思います。

レースラップもダート短距離戦らしく前傾ラップ
急坂の影響で、ラスト1Fは時計がかかるのが特徴です。

こういった持久力勝負に強い馬をチョイスすると良いでしょう。

あとがき

本日は中京競馬場で行なわれる重賞「プロキオンS」の傾向について調べてきました。

予想に役立ちそうなことがいくつかありましたので、ここで簡単にまとめておきます。
  • ミスタープロスペクター系・エーピーインディ系といった、米国型血統の馬が活躍するレース。
  • 父・母父が米国型血統同士の配合の馬だと更に期待できる。
  • ダート短距離戦としては珍しく、差しが決まりやすいレース。直線が長くゴール前に坂があることが要因だと思われる。
以上の3点に重きをおいて、予想をしていきたいと思います。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。
また当ブログをご覧になっていただければと思います。

おまけ 競馬謎掛け

中京競馬場とかけまして、

対戦相手が左バッターと解きます。

そのココロは、

左利きが有利です。

おあとがよろしいようで。

スポンサーリンク