こんにちは。
チェルシーです。

今週は「七夕賞」「プロキオンS」が行われ、当ブログでは重賞2本立てでお送りしています。

前回のプロキオンSの記事では、血統・レース展開について、過去の傾向を調べてきました。


本日はこの記事に基づいて、プロキオンSで人気になるであろう有力馬の血統について、わたくしチェルシーなりの見解を述べさせていただきたいと思います。

本日紹介させていただく馬はこちらです。
  • マテラスカイ
  • サンライズノヴァ
  • ミッキーワイルド
  • ウインムート
  • サクセスエナジー
以上の5頭についての血統を、1頭ずつみていきます。

最後までお付き合いいただければと思います。

マテラスカイ

馬名父(父系統)母父(母父系統)
マテラスカイ
SpeightstownRahy
ミスプロ系レッドゴッド系

前走ドバイで行われたゴールデンシャヒーンでは2着と、惜しくも海外GⅠを取り逃してしまったマテラスカイ。

父は好走血統のミスタープロスペクター系ということで、血統的には問題ありません。

昨年の当レースの覇者であり、適性面で問題がないのはすでに実証済み。

海外帰りという不安点はありますが、能力面を考えても好走の可能性は高いと思います。

サンライズノヴァ

馬名父(父系統)母父(母父系統)
サンライズノヴァ
ゴールドアリュールサンダーガルチ
Dサンデー系ミスプロ系

父はサンデー系のなかでもダートを得意とするDサンデー系のゴールドアリュール。
母父は好走血統のミスタープロスペクター系という血統構成です。

母父ミスプロ系はプラス材料ですが、当レースでDサンデー系は正直なところあまり活躍できていないのが現状です。1400mは忙しいのかもしれません。

人気になることを考えれば、ちょっと手を出しづらいです。

スポンサーリンク

広告終わり

ミッキーワイルド

馬名父(父系統)母父(母父系統)
ミッキーワイルド
ロードカナロアファルブラヴ
キングマンボ系ノーザンダンサー系

芝からダートに転校してからは、安定した成績で勝ち上がってきたミッキーワイルド。

父ロードカナロアはキングマンボ系ですが、大系統でいうと好走血統のミスタープロスペクター系。
母父は欧州型ノーザンダンサー系のファルブラヴ。

キングマンボ系はミスプロ系とはいえ欧州型血統なので、厳密に言えば母父に米国型の血がほしいところ。70点といったところでしょうか。

他に買う馬がいなければ買うといった位置付けです。

ウインムート

馬名父(父系統)母父(母父系統)
ウインムート
ロージズインメイマイネルラヴ
ヘイロー系ミスプロ系

前走のさきたま杯では、逃亡劇を見せ見事重賞2勝目を飾ったウィンムート。

父はロージズインメイ。
母父はマイネルラヴで、米国型同士の配合というバリバリのアメリカ血統です。

とにかくスピードに溢れた血統なので、当レースでは適性の高そうな血統となっています。

昨年の当レースでは3着なので、今年も好走してくる可能性は高いでしょう。

サクセスエナジー

馬名父(父系統)母父(母父系統)
サクセスエナジー
キンシャサノキセキジャングルポケット
Pサンデー系グレイソブリン系

前走のさきたま杯では2着と、惜しくも連覇とはならなかったサクセスエナジー。

父はキンシャサノキセキ。
母父はジャングルポケット。
父・母父共にプロキオンSではあまり活躍場を出せていないので、血統的には高評価はできません。

騎手次第だと思います。

あとがき

本日はプロキオンSに出走する有力馬の血統について見てきました。

予想の参考にしていただければと思います。

今のところ消し候補としては、
  • サンライズノヴァ
  • サクセスエナジー
騎手次第ではありますが、この2頭かなと思っています。

あとは人気薄の馬にも目を通してみて、最終的な予想に繋げていきたいと思います。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございます。

次回も是非ご覧になっていただければと思っています。

スポンサーリンク