こんにちは。
チェルシーです。

今週は宝塚記念を特集。

わたくしチェルシーは、血統という予想ファクターを最重視していて、次に騎手・レース展開を重視しているのですが、今日はこの3つの予想ファクター以外で気になったものをピックアップしてみました。

予想の参考になるものばかりだと思いますので、是非参考にしていただければと思います。

それでは1つずつ見ていきましょう。
なおデータは全て過去5年のものを使用しています。

年齢

年齢着度数勝率複勝率
4歳0- 1- 2-17/200%15%
5歳5- 1- 3-15/2421%38%
6歳0- 2- 0-13/150%13%
7歳0- 1- 0- 6/ 70%14%

5歳馬の好走率がかなり高くなっています。
勝ち馬も5歳馬からしか出ていません。

1番脂ののっている5歳馬を積極的に狙っていきましょう。


馬体重

馬体重着度数勝率複勝率
420~439kg1- 0- 0- 2/ 333%33%
440~459kg0- 3- 3-10/160%38%
460~479kg1- 0- 0- 9/1010%10%
480~499kg2- 2- 1-24/297%17%
500~519kg1- 0- 0- 9/1010%10%
520~539kg0- 0- 1- 2/ 30%33%
540~0- 0- 0- 1/ 10%0%

1番好走馬が多いのは、480~499kgゾーン

その他だと460kg以下の馬がよく馬券になっています。

500kg以上の大型馬は活躍できない傾向にあります。


生産牧場

生産者着度数勝率複勝率
ノーザンファーム4- 3- 2-31/4010%23%
出口牧場1- 0- 0- 1/ 250%50%
北勝ファーム0- 1- 0- 0/ 10%100%
C D Allison C V & J A Barnao et al0- 1- 0- 0/ 10%100%
社台コーポレーション白老ファーム0- 0- 1- 2/ 30%33%
ヤナガワ牧場0- 0- 1- 2/ 30%33%
タガミファーム0- 0- 1- 0/ 10%100%

出走頭数が多いこともあるのですが、ノーザンファーム生産馬が圧倒的な成績を残しています。

好走馬のほとんどを占めているので、ノーザンファーム生産馬から馬券を買うのは得策だと思います。

スポンサーリンク


前走騎手

前走騎手着度数勝率複勝率
◆同騎手3- 4- 3-25/359%29%
◆乗替り2- 1- 2-32/375%14%

前走から騎手が乗替わった場合は、著しく成績が悪くなっています。

前走から乗替わりのない、主戦騎手での臨戦態勢がいい様です。


前走脚質

前走脚質着度数勝率複勝率
逃げ0- 0- 2- 2/ 40%50%
先行0- 1- 1-11/130%15%
中団4- 1- 2-23/3013%23%
後方1- 1- 0-10/128%17%
マクリ0- 0- 0- 1/ 10%0%

因果関係はわかりませんが、前走中団以降に控えた馬の成績がいいです。

勝ち馬に関しては前走差しか追込みのみとなっています。


前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
G31- 1- 0-10/128%17%
G21- 0- 1-12/147%14%
G13- 2- 4-24/339%27%

前走GⅠを走った馬が宝塚記念の主役となりそうです。
表にはありませんが、前走OPクラスと1600万下クラスは期待値が非常に低くなっています。

まとめ

今日はわたくしチェルシーが重視している予想ファクター以外から目立った傾向があるものをピックアップし、紹介させていただきました。

色々見てきた中で僕が特に気になったのは、前走騎手です。

乗替わりのない馬を選ぶことが馬券的中へつながると考えていて、乗替わりの馬は大きく割り引いてもいいと思います。

予想の参考にしてみてください。

スポンサーリンク