こんにちは。
チェルシーです。

今週は春競馬の節目となる宝塚記念が行われます。

当ブログでももちろん特集しているわけですが、今日は人気になることが予想される有力馬の血統について見ていきますので宜しくお願いします。

宝塚記念 2019 血統考察記事

上記のリンクは、宝塚記念好走馬の血統について調べた記事となっています。

この記事に沿って話を進めてまいりますので、まだ読まれていない方は一読されることをオススメします。

キセキ

馬名父(父系統)母父(母父系統)
キセキ
ルーラーシップディープインパクト
キングマンボ系ディープ系

前走大阪杯では2着と、菊花賞以来のGⅠ制覇になかなか手が届かないキセキ

ルーラシップ(キングマンボ系)と母父ディープインパクトはまさに王道血統の代表的な例です。
キングマンボ系×ディープインパクトという配合は、過去の宝塚記念で何度か好走馬を出している成功例のある配合なので、血統構成には問題はなさそうです。

ルーラーシップ産駒自体が阪神芝2200mを得意としていますし、ディープインパクト産駒も勝率がかなり高くなっています。

昨年の宝塚記念は全く馬券に絡めませんでしたが、本格化している今のキセキなら期待できそうです。

レイデオロ

馬名父(父系統)母父(母父系統)
レイデオロ
キングカメハメハシンボリクリスエス
キングマンボ系ロベルト系

キングカメハメハの後継種牡馬の1頭として期待されている、一昨年のダービー馬であるレイデオロ

宝塚記念では必須であるサンデーサイレンスの血を持たない当馬ですが、年々変化する馬場状態の影響なのか、近年は非サンデー系が活躍する傾向があるので、この点は問題ありません。

ただ過去の非サンデー系の好走馬は、欧州型と米国型の配合であることがほとんど。
レイデオロは欧州型×欧州型で、この部分では一抹の不安を残します。


アルアイン

馬名父(父系統)母父(母父系統)
アルアイン
ディープインパクトEssence of Dubai
ディープ系エーピーインディ系

前走大阪杯では見事な勝利で、自身2回目のGⅠ勝利となったアルアイン

父は宝塚記念て幾度となく好相馬を出していて、阪神芝2200mを得意としているディープインパクト

母父エーピーインディ系の宝塚記念といえば、過去にカレンミロティックが人気薄ながら爆走した血統です。

宝塚記念では大いに好走が期待できそうです。

この馬自身、直線の長い外回りコースよりも、小回りの内回りコースでの好走が多いので、このレースとこの舞台は合うと思います。

スポンサーリンク


リスグラシュー

馬名父(父系統)母父(母父系統)
リスグラシュー
ハーツクライAmerican Post
Tサンデー系ネイティヴダンサー系

前走は香港で行われたクイーンエリザベス2世Cで3着と、海外に行っても安定感抜群のリスグラシュー

ハーツクライという血統は過去にカレンミロティックで2着という実績があり、その時の母父は米国型。

この馬も母父が米国型のネイティブダンサー系なので、血統的には問題なさそう。

海外帰りは不安材料ですが、好走する可能性は高そうな1頭です。


エタリオウ

馬名父(父系統)母父(母父系統)
エタリオウ
ステイゴールドCactus Ridge
Tサンデー系ストームバード系

大きなレースで人気に押されながらも、なかなか勝鞍に恵まれない最強の1勝馬のエタリオウ

ステイゴールドは阪神芝を得意としていますし、母父ストームバード系は過去の宝塚記念で父Tサンデー系との配合で何度も馬券になっています。
血統面での心配はなく初めての2200mですが、適正はあると見ています。


スワーヴリチャード

馬名父(父系統)母父(母父系統)
スワーヴリチャード
ハーツクライUnbridled's Song
Tサンデー系ミスプロ系

左廻り専用機と言われながらも昨年の大阪杯で勝利し、汚名返上となったスワーヴリチャード

ハーツクライ×母父ミスプロ系という配合となっています。

ハーツクライは過去の宝塚記念で2着と好走した実績がありますし、ミスプロ系は母父に入ることにより宝塚記念で好走馬を出しています。

血統的には問題無しと見ています。


まとめ

今日は宝塚記念で人気になるであろう有力馬の血統について見てきました。

全体的に宝塚記念には適した血統の馬が多く、今年の有力馬は血統面だけで見ると好走してくるのかなというのが正直な感想です。

唯一レイデオロだけは血統的に少し心配な部分はあるのですが、能力の高さで十分にカバーできる逸材です。
ここを予想でどう反映させるか、他の予想ファクターも考慮して、最終的な答えを出せたらなと思います。

人気馬の取捨選択は馬券成績に大きな影響を及ぼします。
今日調べたことを是非予想の参考にしてみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク