こんにちは。
チェルシーです。

今週は宝塚記念。
春のGⅠシリーズの終わりを告げる、グランプリレースとなっています。

宝塚記念は主にファン投票で出走馬が決まる、競馬ファンの間でも大変盛り上がるレースです。

もちろん当ブログでも特集してくので、馬券的中となるようにしっかりとデータを分析していこうと思います。

今日はわたくしチェルシーが最も重視している予想ファクターの「血統」について見ていきますので、宜しくお願いします。


過去5年宝塚記念好走馬の血統

2018年父(父系統)母父(母父系統)
1
ミッキーロケット
キングカメハメハPivotal
キングマンボ系ヌレイエフ系
2
ワーザー
TavistockZabeel
3
ノーブルマーズ
ジャングルポケットSilver Hawk
グレイソブリン系ロベルト系
2017年父(父系統)母父(母父系統)
1
サトノクラウン
MarjuRossini
ノーザンダンサー系ミスプロ系
2
ゴールドアクター
スクリーンヒーローキョウワアリシバ
ロベルト系ネイティヴダンサー系
3
ミッキークイーン
ディープインパクトGold Away
ディープ系ヌレイエフ系
2016年父(父系統)母父(母父系統)
1
マリアライト
ディープインパクトエルコンドルパサー
ディープ系キングマンボ系
2
ドゥラメンテ
キングカメハメハサンデーサイレンス
キングマンボ系サンデー系
3
キタサンブラック
ブラックタイドサクラバクシンオー
サンデー系プリンスリーギフト系
2015年父(父系統)母父(母父系統)
1
ラブリーデイ
キングカメハメハダンスインザダーク
キングマンボ系Tサンデー系
2
デニムアンドルビー
ディープインパクトキングカメハメハ
ディープ系キングマンボ系
3
ショウナンパンドラ
ディープインパクトフレンチデピュティ
ディープ系ヴァイスリージェント系
2014年父(父系統)母父(母父系統)
1
ゴールドシップ
ステイゴールドメジロマックイーン
Tサンデー系
2
カレンミロティック
ハーツクライA.P. Indy
Tサンデー系エーピーインディ系
3
ヴィルシーナ
ディープインパクトMachiavellian
ディープ系ミスプロ系

上の表は過去5年における宝塚記念で馬券に絡んだ馬の血統構成を示したものです。
過去5年全体で見ると、ディープ系・Tサンデー系・キングマンボ系といった、いわゆる主流血統が馬券になっいて、特にサンデーサイレンスの血は必須となっています。

ところが昨年と一昨年に関しては、馬券に絡んだ6頭中5頭が父・母父にサンデーの血を持たない「非サンデー系」の馬が馬券になっているという状況です。

これは馬場が稍重であったことも影響しているかと思いますが、それだけではないような気もしています。

近年のJRA馬場の作り方はどんどん変化しているので、そういったことの影響も大きく出ているのかなと思います。

どちらを重視するかなのですが、あまり偏ると予想は良くないので、近年の傾向はこういったこともあるというぐらいに留めておくのが良いかと思われます。

スポンサーリンク



阪神芝2200mが得意な種牡馬

種牡馬着度数勝率複勝率
ディープインパクト6- 3- 1-11/2129%48%
ステイゴールド2- 1- 0- 4/ 729%43%
ルーラーシップ1- 2- 2- 4/ 911%56%
マンハッタンカフェ1- 3- 1- 5/1010%50%
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50
6戦以上のキャリア

次に宝塚記念の舞台となる阪神芝2200mが得意な種牡馬も調べておきます。

勝ち馬の数はディープインパクトがダントツの6勝。
好走率も非常に高いので、安心して買える種牡馬となっています。

あとはステイゴールド・ルーラーシップといった主流血統も得意。

マンハッタンカフェは400で割れない距離のいわゆる非根幹距離が得意と言われている種牡馬ですが、やはり阪神芝2200mでも複勝率が50%と例外なく得意としています。


まとめ

今日は宝塚記念に関する血統について調べてきました。

簡単にまとめておきましょう。
  • 過去5年という括りで見ると、主流血統が活躍する舞台。サンデーの血が必須。
  • 近年は非サンデーの馬の好走が目立ってきている。
  • 阪神芝2200mを得意としている種馬場は、ディープインパクトに代表される主流種牡馬。
阪神芝2200mは内回りで行われる、最後の直線が短いコースなのですが、以外にも主流血統の活躍が目立っています。
しかし近年は半主流血統の好走が目立ってきているレースなので、土曜日の様子も見ておくべきだと思います。

今日調べたことは、週末の予想にしっかりと活かしていきます。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。