こんにちは。
チェルシーです。

今チェルシーは長期休暇中ということで、札幌・帯広・園田と現地に出向き、競馬三昧の生活を送っています。

休暇中の馬券の調子はよく、プラス収支を継続中です。

ブログの予想は今ひとつなので、この勢いに乗っていきたいところ。

今日はセントウルS馬券的中を目指すため、レース展開について色々と調べていきたいと思います。

セントウルS過去好走馬の脚質と上がり3F

2018年重馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ファインニードル差し34.63
2ラブカンプー逃げ35.711
3グレイトチャーター追込34.21
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ファインニードル先行33.49
2ラインミーティア差し33.04
3ダンスディレクター差し32.62
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ビッグアーサー逃げ34.512
2ネロ差し33.86
3ラヴァーズポイント先行34.18
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1アクティブミノル逃げ33.810
2ウリウリ追込32.81
3バーバラ差し33.66
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1リトルゲルダ先行34.08
2ハクサンムーン先行34.610
3エピセアローム差し33.95
馬名が赤字の馬は4番人気以下の人気薄です

上の表は過去5年においてセントウルSで馬券に絡んだ馬の脚質と上がり3Fをまとめたものです。

傾向を述べたいと思います。

勝ち馬に限っては逃げ先行が有利

3着内という観点で見ると差し追込みといった控える競馬をした馬が若干有利ですが、勝ち馬という部分に限ってみてみると逃げ先行といった積極的な競馬をした馬が有利となっています。

単系の馬券で勝負される方は逃げ先行、複系の馬券で勝負される方は差し追込みが狙い目ではないでしょうか。

速い上がりを使えるかどうかが重要

好走馬の上がり3Fタイムは33秒台がほとんどで、遅くとも34秒台前半です。

とにかく脚が速い馬が有利となっています。

やはり野芝100%の軽い馬場でレースが行われることが影響していると思います。

速い上がり3Fタイムが出せる能力が必要です。

スポンサーリンク

阪神芝1200mで有利な脚質

脚質勝率勝率複勝率
逃げ7- 0- 3- 6/ 1644%63%
先行11- 11- 8- 36/ 6617%46%
差し2- 8- 5- 49/ 643%23%
追込み1- 2- 4- 46/ 532%13%
データ条件:過去3年 良馬場 単勝オッズ1~50 特別戦のみ

セントウルSが行われる舞台である「阪神芝1200m」では逃げ先行馬が有利となっています。

いかに前に行くことができるか。
勝負はこの点がポイントとなってきそうです。

ただ好走数では逃げを差しが上回っています。
差しでも十分勝負になりそうですね。

まとめ

今日はセントウルSのレース展開について傾向を調べてきました。

簡単にまとめておきましょう。
  • 脚質的には特に有利不利はないが、勝ち馬に関しては逃げ先行が若干リード。
  • 馬場が100%野芝で行われるため速い上がり3Fタイムが出せる脚の速さが必要。
以上の2点を参考に、予想を組み立てていきたいと思います。

どうぞ参考にしてみてください!

スポンサーリンク