こんにちは。
チェルシーです。

先週の小倉記念は残念な結果となりました。
皆さんのお力になれず、本当に申し訳ありません。

なかなかのスランプに陥っていると思います。
少し休憩をしようかなとも思ったのですが、それではなにもなりませんので、予想方法を少しずつ修正していこうかなと思います。

というわけで今週もやっていきます。

今週は関屋記念に力を入れてやっていきます。

今日は血統について調べていきます。

いつもより細かく調べていきますので、予想の参考にしてみてください。

関屋記念過去好走馬の血統

2018年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
プリモシーン
ディープインパクトダンチヒ系
ディープ系日×欧
2
ワントゥワン
ディープインパクトノーザンダンサー系
ディープ系日×欧
3
エイシンティンクル
ディープインパクトストームバード系
ディープ系日×米
2017年父(父系統)母父系 国タイプ
1
マルターズアポジー
ゴスホークケンエーピーインディ系
ストームバード系米×米
2
ウインガニオン
ステイゴールドダンチヒ系
Tサンデー系日×欧
3
ダノンリバティ
キングカメハメハノーザンダンサー系
キングマンボ系欧×欧
2016年父(父系統)母父系 国タイプ
1
ヤングマンパワー
スニッツェルサンデー系
ダンチヒ系欧×日
2
ダノンリバティ
キングカメハメハノーザンダンサー系
キングマンボ系欧×欧
3
マジックタイム
ハーツクライロベルト系
Tサンデー系日×欧
2015年父(父系統)母父系 国タイプ
1
レッドアリオン
アグネスタキオンリファール系
Pサンデー系日×欧
2
マジェスティハーツ
ハーツクライボールドルーラー系
Tサンデー系日×米
3
ヤングマンパワー
スニッツェルサンデー系
ダンチヒ系欧×日
2014年父(父系統)母父系 国タイプ
1
クラレント
ダンスインザダークリファール系
Tサンデー系日×欧
2
ダノンシャーク
ディープインパクトニジンスキー系
ディープ系日×欧
3
サトノギャラント
シンボリクリスエスサンデー系
ロベルト系欧×日
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は関屋記念過去好走馬の血統構成をまとめたものです。

スポンサーリンク

サンデーの血が必須

関屋記念の過去好走馬15頭のうち、12頭が父か母父いずれかにサンデーサイレンスの血を持っています。

サンデー系の中でも特に強いのは、中距離型のサンデー系、いわゆるTサンデー系やディープ系が強いです。

欧州の血も重要な要素

欧州の血を持つかどうかも重要で、過去好走馬15頭のうち12頭が、父か母父に欧州型の血を持っています。

欧州の血を持つことにより、新潟の長い直線を耐え抜くスタミナを補完できると考えられます。

ダンチヒ系にも注目

父か母父にダンチヒの血を持つ馬が、密かに4年連続で馬券に絡んでいます。

ダンチヒ系の特徴としては、欧州型ノーザンダンサー系の中でも、スタミナというよりはスピードに特化した系統です。

スピードとスタミナのバランスが重要なレースであることがわかります。

新潟芝1600m種牡馬系統別成績

種牡馬系統着度数勝率複勝率
キングマンボ系1- 4- 5- 7/176%59%
フォーティーナイナー系1- 2- 0- 4/ 714%43%
Pサンデー系2- 2- 1-11/1613%31%
ストームバード系1- 0- 1- 5/ 714%29%
Tサンデー系3- 1- 4-27/359%23%
サンデー系2- 0- 2-17/2110%19%
グレイソブリン系0- 1- 0- 5/ 60%17%
ディープ系1- 2- 1-22/264%15%
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50
1000万クラス以上・6戦以上のキャリア

上の表は関屋記念の舞台となる「新潟芝1600m」の種牡馬系統別成績です。

キングマンボ系の好走率が高い

とにかくキングマンボ系の好走率が高くなっているのが大きな特徴です。
複勝率が約60%で、かなり信頼度が高い血統系統であると言えます。

同じミスタープロスペクター系のフォーティーナイナー系も好走率が高いので注意しておきましょう。

中距離サンデーはよく馬券に絡む

馬券になっている数自体が多いのは、Tサンデー系やディープ系といった、サンデー系の中でも中距離タイプの系統です。
ただ好走率が低い。
分母が大きいので、この部分をどう捉えるかだと思います。

先週の新潟芝コース 種牡馬系統傾向

種牡馬系統着度数勝率複勝率
ディープ系1- 6- 2- 9/186%50%
キングマンボ系3- 0- 2- 9/1421%36%
サンデー系1- 2- 2-28/333%15%
フォーティーナイナー系2- 1- 1- 5/ 922%44%
Tサンデー系2- 0- 1- 4/ 729%43%
Pサンデー系1- 1- 1- 8/119%27%
グレイソブリン系1- 0- 2- 0/ 333%100%
ストームバード系1- 1- 0- 4/ 617%33%
ダンチヒ系1- 1- 0- 2/ 425%50%
ミスプロ系0- 1- 1- 4/ 60%33%

最後に先週の新潟芝コースの種牡馬系統傾向を見ておきます。

注目はディープ系

3着内数順にソートしているのですが、1番馬券になった数が多いのは「ディープ系」です
今の新潟芝コースは、ディープインパクトの血を持つ馬が好走する傾向にあります。

複勝率も50%と好走率も高く、信頼の置ける系統です。

欧州型の血を持つ馬にも注目

キングマンボ系やTサンデー系の好走率も高くなっていますので、「主流血統」の馬が活躍する舞台となっています。

またグレイソヴリン系の複勝率も100%となっていることから、総合的に見てヨーロピアンな血を持つ馬が好走する馬場となっています。

まとめ

今週は関屋記念に力を入れていくということで、血統について調べてきました。

いつもよりより詳しく調べてきたのですが、今日調べてきたことを総合的に見て、予想を組み立てていこうと思います。

今週もレース展開・騎手について今後見ていきますので、当ブログをご覧になっていただければ幸いです。

スポンサーリンク