こんにちは。
チェルシーです。
今日は今週特集してきた「札幌記念」の予想をお送りさせていただきます。

GⅠ馬が顔を揃えた豪華なメンバーで行われる今年の札幌記念。
すっきりと馬券を当てて、悪い流れを断ち切りたいところ。

それでは予想の根拠を申し上げる前に、まずは予想印と馬券の買い目から発表させていただきます。

予想印

◎ サングレーザー
〇 フィエールマン
▲ ステイフーリッシュ
☆ ワグネリアン


馬券の買い目

単勝 
◎ サングレーザー 100円
馬連F
◎〇→〇☆ @100円
ワイド
▲→◎〇 @100円
合計 600円

ステイフーリッシュは人気薄となっており、ワイドでも十分回収できそうなのでワイドで。
ベストは本命サングレーザーが1着になり、馬連とワイドを両方獲ることができればと思っています。

それではなぜこういった印を打ったのか。
予想の根拠を述べさせていただきます。

スポンサーリンク


本命はサングレーザー

10父(父系統)母父系 国タイプ
サングレーザーディープインパクトヴァイスリージェント系
中団岩田康誠ディープ系日×米

先程も申し上げましたが、本命はサングレーザーにしました。

サングレーザーの父ディープインパクトは、札幌記念で何度も勝ち馬を出している好走血統ということで、血統面では全く問題がありません。

サングレーザー自身昨年の当レース覇者で、レースへの適性は証明済み。

前走はレベルの高いメンバーで行われた安田記念で掲示板を確保するなど能力の高さにも目を見張るものがあります。

枠も良い所を引いていますし、なによりも大きなレースで勝負強さを発揮してくれる岩田騎手が鞍上なのも頼もしい限りです。

馬券の買い方からもわかるように、今年の札幌記念はこの馬「サングレーザー」が勝利するとみて、本命に抜擢することにしました。

対抗にはフィーエルマン

この馬は長距離を主戦場としていて、今回大幅な距離短縮となることがチェルシーの中での懸念材料です。
しかしそれを払拭できるぐらい、鞍上のルメール騎手はとにかく札幌競馬場が得意です。

適性面での不安な部分は、ルメール騎手が埋めてくれることでしょう。

相手はステイフーリッシュ・ワグネリアン

ステイフーリッシュはとにかくタフなレースが得意で、父ステイゴールドというのが選定理由です。
本命にすることも迷ったぐらい、期待を寄せる1頭。
穴馬として狙っています。

ワグネリアンはとにかく安定感抜群で、崩れることは考えにくい。
ただ外枠ということがどうしても気になって、相手までとしました。

最後に

今日は札幌記念の予想を公開させていただきました。
相変わらず不調続きですが、何とかここで馬券を当てて秋につなげていきたいと思っています。

わたくしチェルシーの中では少しずつ予想法を改良しており、結果に結びついてくれることを切に願うばかりです。

おまけ WIN5 1点買いチャレンジ

7-4-13-4-10

スポンサーリンク