こんにちは。
チェルシーです。

今週は秋華賞トライアルのローズSがありますね。
前回の記事ではローズSの血統についてデータを調べてきました。

今回は脚質や馬の適正面について調べていきたいと思います。

ローズS過去好走馬の脚質と上がり3F

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1カンタービレ先行33.64
2サラキア差し33.43
3ラテュロス差し33.64
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ラビットラン追込33.51
2カワキタエンカ逃げ35.113
3リスグラシュー追込33.73
2016年重馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1シンハライト差し33.71
2クロコスミア逃げ34.64
3カイザーバル先行34.42
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1タッチングスピーチ追込33.92
2ミッキークイーン追込33.81
3トーセンビクトリー差し34.63
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ヌーヴォレコルト先行33.62
2タガノエトワール差し33.31
3リラヴァティ逃げ34.614
※馬名が赤字の馬は4番人気以下の人気薄

上の表は過去5年におけるローズSで、馬券に絡んだ馬の脚質と上がり3Fタイム・順位を表したものです。

脚質は差しが有利

ローズSは道中中団に控えて競馬をした「差し」脚質の馬が最も馬券になっています。
次いで追込みとなっています。

ローズSの舞台となる「阪神芝1800m」は最後の直線が長いコースで、血統的にも中距離適性が高い血統の馬が活躍することもあり、スタミナが重要なレース。
GⅡクラスとなれば尚更差しが有利になるのは当然かもしれません。

瞬発力が求められるレース

過去5年で馬券に絡んだ馬を振り返ると、ほとんどが33秒台の上がり3Fタイムを使って好走しています。
重馬場で行われた2016年でさえ、勝ち馬である「シンハライト」の上がり3Fタイムは33.7秒です。

とにかく鋭い瞬発力を持っているかどうかが、好走するためのカギになります。

スポンサーリンク


阪神芝1800m脚質別成績

脚質勝率勝率複勝率
逃げ9- 3- 5- 16/ 3327%52%
先行14- 15- 11- 68/10813%37%
差し9- 11- 12- 66/ 989%33%
追込み6- 7- 9- 62/ 847%26%
マクリ0- 0- 1- 0/ 10%100%
※データ条件:過去3年 良馬場 単勝オッズ1~50 特別戦のみ

上の表はローズSの舞台となっている「阪神芝1800m」の脚質別成績です。

馬券数がいちばん多いのは先行です。
ただ先行としての好走率が基準値を下回っているので、過信するのも危険ではないかと思います。

差しに関しては、複勝率が33%と基準値を上回っています。
好走数もそこそこ多いので、データを見た上では1番信頼できる脚質だと思います。

まとめ

今日はローズSの脚質など適正面を調べてきました。

ローズSで狙えそうなのは33秒台の脚が使える瞬発力に長けた差しもしくは先行馬です。

予想の参考にしてください!

スポンサーリンク