こんにちは。
チェルシーです。

先週のセントウルSは馬券的中となりませんでした。
どうも重賞レースの調子がイマイチです。
データ分析通りの結果となっているのですが、肝心の馬選びがうまくいっていないです。

さすがにここまでスランプが続くと堪えますね。
予想を公開している身としてはなおさらです。
少しずつ修正をしつつ、好調に持っていけたらなと思います。

さて今週は秋華賞トライアルであるローズSが行われます。
今日はいつものように血統データについて見ていきたいと思います。

ローズS過去好走馬の血統

2018年父(父系統)母父(母父系統)
1
カンタービレ
ディープインパクトGalileo
ディープ系サドラーズウェルズ系
2
サラキア
ディープインパクトLomitas
ディープ系ニジンスキー系
3
ラテュロス
ディープインパクトTouch Gold
ディープ系ヴァイスリージェント系
2017年父(父系統)母父(母父系統)
1
ラビットラン
TapitDixieland Band
エーピーインディ系ノーザンダンサー系
2
カワキタエンカ
ディープインパクトクロフネ
ディープ系ヴァイスリージェント系
3
リスグラシュー
ハーツクライAmerican Post
Tサンデー系ネイティヴダンサー系
2016年父(父系統)母父(母父系統)
1
シンハライト
ディープインパクトSingspiel
ディープ系サドラーズウェルズ系
2
クロコスミア
ステイゴールドボストンハーバー
Tサンデー系ボールドルーラー系
3
カイザーバル
エンパイアメーカーサンデーサイレンス
ミスプロ系サンデー系
2015年父(父系統)母父(母父系統)
1
タッチングスピーチ
ディープインパクトSadler's Wells
ディープ系サドラーズウェルズ系
2
ミッキークイーン
ディープインパクトGold Away
ディープ系ヌレイエフ系
3
トーセンビクトリー
キングカメハメハサンデーサイレンス
キングマンボ系サンデー系
2014年父(父系統)母父(母父系統)
1
ヌーヴォレコルト
ハーツクライスピニングワールド
Tサンデー系ヌレイエフ系
2
タガノエトワール
キングカメハメハサンデーサイレンス
キングマンボ系サンデー系
3
リラヴァティ
ゼンノロブロイSingspiel
Tサンデー系サドラーズウェルズ系
※馬名が赤字の馬は4番人気以下の人気薄

上の表は過去5年におけるローズSで好走した馬の血統構成をまとめたものです。

わかりやすくするために色分けを行っているのですが、とにかく黄色が目立っていると思います。

黄色はサンデーサイレンスの血を持つ種牡馬であることを表していて、とにかく父か母父にサンデーサイレンスの血を持っている馬ばかりが好走しています。

サンデーサイレンス系といってもかなりの数の種牡馬が存在するのですが、その中でもディープインパクトやTサンデー系といった中距離路線で活躍する馬を排出している種牡馬の血を持つ馬の好走ばかりです。

母父で相性がいいのはノーザンダンサー系です。
ノーザンダンサー系は短距離戦に強い米国型と中距離戦に強い欧州型に分類されますが、ローズS限ってはどちらでも相性はいいみたいです。

サンデー系以外で注目の種牡馬はキングカメハメハです。
キングカメハメハはキングマンボ系という系統に分類されますので、この系統にも注目しておいたほうがいいでしょう。
ただ母父はサンデー系でないと過去の傾向を見る限りでは好走するのは厳しそうです。

とにかく父か母父にサンデーサイレンスの血が入っているか。
ローズSの注目ポイントこの点です。

スポンサーリンク



阪神芝1800m種牡馬系統別成績

種牡馬系統
上の表はローズSの舞台となる「阪神芝1800m」の種牡馬別成績です。

レース傾向と同じくディープ系とTサンデー系の好走数の多さはダントツです。

好走率が高いのはダンチヒ系サドラーズウェルズ系
この2つの系統の共通点はノーザンダンサー系であること。
しかも欧州系です。
阪神芝1800mは欧州型ノーザンダンサー系とも相性がいいようです。

どちらかというと短距離タイプよりも中距離タイプの産駒が好成績を収めているコースです。

まとめ

とにかくローズSはサンデーサイレンスの血が必須です。

阪神芝1800mという短距離と中距離の中間的な距離ですが、阪神芝1800mは中距離血統が活躍するコースであることもわかりました。

最後に今日血統データを調べた上で、狙えると思った血統をまとめておきます。
  • ディープインパクト産駒など中距離タイプのサンデー系
  • キングマンボ系(母父にサンデーの血は必須)。
  • 欧州型ノーザンダンサー系。
予想の参考にしてみてください!

スポンサーリンク