こんにちは。
チェルシーです。

今日は新潟競馬場にて行われる重賞レースである「新潟記念」のレース展開について、過去のデータを調べていきます。

新潟記念過去好走馬の脚質と上がり3F

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ブラストワンピース追込33.51
2メートルダール追込33.62
3ショウナンバッハ追込33.93
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1タツゴウゲキ先行34.611
2アストラエンブレム差し34.13
3カフジプリンス先行34.24
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1アデイインザライフ追込32.71
2アルバートドック追込33.24
3ロンギングダンサー追込33.13
2015年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1パッションダンス先行34.35
2マイネルミラノ先行34.610
3ファントムライト差し34.24
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1マーティンボロ差し34.22
2クランモンタナ先行34.68
3ラストインパクト追込34.01
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は過去5年における新潟記念好走馬の脚質と上がり3Fタイム及び順位をまとめたものとなっています。

スポンサーリンク


脚質について

まず新潟記念で脚質について言えることは、まず逃げ馬には厳しいレースであるという事です。

新潟記念の舞台となる「新潟芝2000m」は外回りで行われる最後の直線がとても長いコースです。
そのため展開の利を活かす逃げ馬の好走がかなり厳しくなるのでしょう。

逆に新潟記念は追込みがよく決まる極めて珍しいレースです。
この点も長い直線が影響しています。

ただレース展開によっては先行馬が馬券圏内を占めることもあります。

基本差し追込み狙いでいいとは思いますが、メンバー構成・枠順を考慮し、柔軟に対応する必要があるでしょう。

上がり3Fについて

先行した好走馬は34秒台後半、差し追込み馬は34秒前後の上がり3Fタイムで好走していることが多いです。
これはそこまで速い上がり3Fタイムではありません。

極端なスロペースになることは稀なので、長い直線に耐えれるだけのスピードの持続力・スタミナの持久力が必要となってきます。

タフな展開に強い馬をチョイスしておきたいところです。

まとめ

今日調べたことをまとめると
  • 脚質は逃げ馬には嚴しく差し追込みが有利。
  • 新潟芝コースにしては多少上がり3Fの時計はかかる。
  • ペースはスローにならないことが多く、スピードの持続力・スタミナの持久力が重要。
以上の3点に注意をして、馬券検討を行っていこうと思います。

参考にしてみてください。

スポンサーリンク