こんにちは。
チェルシーです。

先週のキーンランドカップはなんとか馬券的中となりました。
これをきっかけにスランプ脱出のきっかけとなればなと思っています。

今週は新潟記念がありますので、今日は新潟記念で好走しそうな血統を考察していきたいと思います。

新潟記念過去好走馬の血統

2018年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
ブラストワンピース
ハービンジャーキングマンボ系
ダンチヒ系欧州×欧州
2
メートルダール
ゼンノロブロイロベルト系
Tサンデー系日本×欧州
3
ショウナンバッハ
ステイゴールドプリンスリーギフト系
Tサンデー系日本×日本
2017年父(父系統)母父系 国タイプ
1
タツゴウゲキ
マーベラスサンデーサドラーズウェルズ系
サンデー系日本×欧州
2
アストラエンブレム
ダイワメジャーミスプロ系
Pサンデー系日本×米国
3
カフジプリンス
ハーツクライロベルト系
Tサンデー系日本×欧州
2016年父(父系統)母父系 国タイプ
1
アデイインザライフ
ディープインパクトプリンスリーギフト系
ディープ系日本×日本
2
アルバートドック
ディープインパクトヌレイエフ系
ディープ系日本×米国
3
ロンギングダンサー
シンボリクリスエスサンデー系
ロベルト系欧州×日本
2015年父(父系統)母父系 国タイプ
1
パッションダンス
ディープインパクトミスプロ系
ディープ系日本×米国
2
マイネルミラノ
ステイゴールドダンチヒ系
Tサンデー系日本×欧州
3
ファントムライト
オペラハウスサンデー系
サドラーズウェルズ系欧州×日本
2014年父(父系統)母父系 国タイプ
1
マーティンボロ
ディープインパクトヌレイエフ系
ディープ系日本×米国
2
クランモンタナ
ディープインパクトグレイソブリン系
ディープ系日本×欧州
3
ラストインパクト
ディープインパクトミスプロ系
ディープ系日本×米国
※馬名が赤字の馬は4番人気以下の人気薄

狙いは中距離型のサンデー系

過去5年の好走馬を見ての印象としては、ディープインパクト産駒Tサンデー系種牡馬といった、数多くいるサンデー系種牡馬の中でも中距離を得意としているサンデー系の活躍がかなり目立っています。

過去5年で好走馬が10頭とかなり目立った傾向です。

人気薄も好走しているので、中距離型サンデー系は新潟記念を得意としているのがわかります。

スポンサーリンク


新潟芝2000m種牡馬系統別成績

種牡馬系統着度数勝率複勝率
ディープ系3- 4- 4-18/2910%38%
Tサンデー系2- 5- 4-22/336%33%
キングマンボ系5- 0- 1- 7/1339%46%
ダンチヒ系1- 1- 0- 7/ 911%22%
サンデー系1- 0- 0- 2/ 333%33%
Pサンデー系0- 1- 0- 3/ 40%25%
ロベルト系0- 0- 1- 5/ 60%17%
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50
1000万クラス以上

コース別成績を見ても新潟記念の傾向と同じく中距離型サンデー系であるディープ系やTサンデー系の好走率が高くなっています

キングマンボ系の好走率も高くなっており、いわゆる主流血統が活躍するコースであることがわかります。

先週の新潟芝コース 血統傾向

種牡馬系統着度数勝率複勝率
Tサンデー系3- 4- 3-20/3010%33%
ディープ系3- 1- 3- 6/1323%54%
キングマンボ系1- 2- 3-13/195%32%
ミスプロ系2- 0- 1- 4/ 729%43%
フォーrヒーナイナー系2- 0- 0- 3/ 540%40%
ノーザンダンサー系2- 0- 0- 0/ 2100%100%
Pサンデー系0- 2- 0-10/120%17%
データ条件:単勝オッズ1~50

先週の新潟芝コースの結果を見ても中距離型サンデー系であるディープ系やTサンデー系の活躍が目立ちます。

コース傾向と同じくキングマンボ系の活躍も見逃せません。

まとめ

今日は新潟記念の血統について色々調べてきましたが、とにかくディープ系やTサンデー系といった中距離路線で活躍するサンデー系種牡馬を狙うことが、馬券的中への近道であることがわかりました。

そして念の為キングマンボの血を持つ馬にも注意が必要です。

馬券検討の参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク