こんにちは。
チェルシーです。

ディープインパクトが亡くなりましたね。
非常に残念です。

僕自身ディープがいた時代に競馬を本格的に始めていなかったのですが、その偉大さは知っています。

競馬をしていない人でも一度は聞いたことがあ馬で、競馬界だけでなく社会的にも大きな影響を与えた名馬でした。

ディープインパクトの後継種牡馬には頑張って頂いて、素晴らしいサイアーラインを築いていってくれればなと思っています。

ご冥福をお祈り致します。

さて今週は小倉記念ということで、今日はレース展開についての傾向を掴んでいきたいと思います。

小倉記念 過去のレース展開

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1トリオンフ先行33.52
2サトノクロニクル先行33.85
3マウントゴールド逃げ34.07
Lap12.5-11.2-11.9-12.5-11.9-11.7-11.7-11.1-10.9-11.5
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1タツゴウゲキ差し35.73
2サンマルティンマクリ35.41
3フェルメッツァ差し36.04
Lap12.3-10.8-11.3-12.3-11.6-11.5-11.9-11.9-11.8-12.2
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1クランモンタナ先行36.05
2ベルーフ追込35.21
3エキストラエンド追込35.42
Lap12.5-11.7-12.0-12.5-11.8-11.8-11.6-11.7-11.8-12.6
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1アズマシャトル差し35.62
2ベルーフ差し35.94
3ウインプリメーラ先行36.38
Lap11.9-10.7-11.4-12.2-11.7-11.8-12.0-12.1-12.2-12.0
2014年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1サトノノブレス先行35.31
2マーティンボロ差し35.31
3メイショウナルト逃げ36.48
Lap12.4-11.0-11.3-12.8-12.5-11.9-12.1-12.0-11.4-12.4
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は、過去5年小倉記念好走馬の脚質・上がり3F、そしてレースラップをまとめたものです。

スポンサーリンク



好走馬の脚質は
  • 逃げ ··· 2頭
  • 先行 ··· 5頭
  • 差し ··· 5頭
  • 追込 ··· 2頭
  • マクリ···1頭
となっています。

先行・差しが互角のようにも見えますが、昨年は全体時計も上がり3F時計も速く、逃げ先行が有利なレースとなっているので、今年も同じように逃げ先行が有利になる可能性があります。

先週の日曜日の芝コースも、連対馬はほとんど逃げ先行馬ということになっています。

追込み一辺倒の馬には厳しい馬場状況と言えそうです。


小倉記念は、「速い時計に対応可能な逃げ先行馬」を中心に、馬券を組み立てていってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク