こんにちは。
チェルシーです。

先週クイーンSの馬券は残念な結果となっしまいました。
参考にしていただいた方、誠に申し訳ありません。

しかし血統などの分析はうまくいっていると思ってまして、馬選びを間違えている状態が続いています。

少しのボタンの掛け違いで連敗していますので、これからは上がってくることも考えられます。

レースのあとは、馬券の的中・不的中に関わらず、必ず復習を行っていますので、それらを存分に活かして今後も頑張っていこうと思っています。

これからのチェルシーに期待していただければと思います。

さて今週は小倉記念をやっていこうと思います。

今日は血統について見ていきます。

小倉記念過去好走馬の血統

2018年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
トリオンフ
タートルボウルTサンデー系
ノーザンダンサー系欧×日
2
サトノクロニクル
ハーツクライロベルト系
Tサンデー系日×欧
3
マウントゴールド
ステイゴールドレッドゴッド系
Tサンデー系日×欧
2017年父(父系統)母父系 国タイプ
1
タツゴウゲキ
マーベラスサンデーサドラーズウェルズ系
サンデー系日×欧
2
サンマルティン
ハービンジャーサンデー系
ダンチヒ系欧×日
3
フェルメッツァ
ディープインパクトグレイソブリン系
ディープ系日×欧
2016年父(父系統)母父系 国タイプ
1
クランモンタナ
ディープインパクトグレイソブリン系
ディープ系日×欧
2
ベルーフ
ハービンジャーサンデー系
ダンチヒ系欧×日
3
エキストラエンド
ディープインパクトネヴァーベンド系
ディープ系日×欧
2015年父(父系統)母父系 国タイプ
1
アズマシャトル
ゼンノロブロイニジンスキー系
Tサンデー系日×欧
2
ベルーフ
ハービンジャーサンデー系
ダンチヒ系欧×日
3
ウインプリメーラ
ステイゴールドフォーティーナイナー系
Tサンデー系日×米
2014年父(父系統)母父系 国タイプ
1
サトノノブレス
ディープインパクトグレイソブリン系
ディープ系日×欧
2
マーティンボロ
ディープインパクトヌレイエフ系
ディープ系日×米
3
メイショウナルト
ハーツクライサドラーズウェルズ系
Tサンデー系日×欧
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は、過去5年の小倉記念において、好走した馬の血統構成をまとめたものとなっています。

スポンサーリンク


まず種牡馬ですが、とにかくディープインパクトがよく馬券に絡んでいます。

他にはハーツクライステイゴールドゼンノロブロイといった、サンデー系の中でも中距離戦線で活躍している種牡馬が強いですね。

他にはハービンジャー産駒も3度も馬券になっています。
ハービンジャーはダンチヒ系で、スタミナが豊富な欧州型のノーザンダンサー系分類されるですが、このダンチヒ系に限ってはスピード能力の高さがウリです。

中距離型のサンデー系が活躍しているように、スピードとスタミナのバランスが取れている種牡馬が活躍できるレースと言えます。

国別で見ると、父が日本型・母父が欧州型という配合が最も3着内数が多く、次いで父が欧州型・母父が日本型の馬の3着内数が多くなっています。

小倉記念は
  • 中距離型のサンデー系種牡馬、もしくはハービンジャー産駒。
  • 日本と欧州の血がバランス良く入った馬。
こういった馬を狙ってみてはいかがでしょうか。

予想の参考にして見てください。

スポンサーリンク