こんにちは。
チェルシーです。
今週は日本競馬の祭典「東京優駿(日本ダービー)」が行われます。

当ブログ最初の特集は日本ダービーということになります。
今日から週末にかけて、レース展望記事をどんどん書いていこうと思っています。

今日はこのブログタイトルにもあるように、血統についての傾向を見ていこうと思います。

日本ダービー過去好走馬血統構成

系統別色見表
サンデー系ミスプロ系(米)ノーザンD系(欧)ノーザンD系
(日)ナスルーラ系(米)ナスルーラ系(欧)ナスルーラ系ロベルト系
2018年父(父系統)母父(母父系統)
1
ワグネリアン
ディープインパクトキングカメハメハ
ディープ系キングマンボ系
2
エポカドーロ
オルフェーヴルフォーティナイナー
サンデー系フォーティーナイナー系
3
コズミックフォース
キングカメハメハネオユニヴァース
キングマンボ系Dサンデー系
2017年父(父系統)母父(母父系統)
1
レイデオロ
キングカメハメハシンボリクリスエス
キングマンボ系ロベルト系
2
スワーヴリチャード
ハーツクライUnbridled's Song
Tサンデー系ミスプロ系
3
アドミラブル
ディープインパクトシンボリクリスエス
ディープ系ロベルト系
2016年父(父系統)母父(母父系統)
1
マカヒキ
ディープインパクトフレンチデピュティ
ディープ系ヴァイスリージェント系
2
サトノダイヤモンド
ディープインパクトOrpen
ディープ系ダンチヒ系
3
ディーマジェスティ
ディープインパクトブライアンズタイム
ディープ系ロベルト系
2015年父(父系統)母父(母父系統)
1
ドゥラメンテ
キングカメハメハサンデーサイレンス
キングマンボ系サンデー系
2
サトノラーゼン
ディープインパクトIntikhab
ディープ系ロベルト系
3
サトノクラウン
MarjuRossini
ノーザンダンサー系ミスプロ系
2014年父(父系統)母父(母父系統)
1
ワンアンドオンリー
ハーツクライタイキシャトル
Tサンデー系ヘイロー系
2
イスラボニータ
フジキセキCozzene
Pサンデー系グレイソブリン系
3
マイネルフロスト
ブラックタイドグラスワンダー
サンデー系ロベルト系
系統別色見表
サンデー系ミスプロ系(米)ノーザンD系(欧)ノーザンD系
(日)ナスルーラ系(米)ナスルーラ系(欧)ナスルーラ系ロベルト系
※馬名の赤字は4番人気以下
上の表は過去5年日本ダービー好走馬の血統構成を表したものです。

まず種牡馬を見てみると、ディープインパクト・キングカメハメハ・ハーツクライといった、いわゆる王道血統が名を連ねています。
東京2400mといえば、日本競馬を代表する王道コース。
種牡馬も日本で主流の種牡馬が活躍している傾向にあります。

やはりサンデーサイレンスの血を持っていることが必須条件となっていて、父か母父にサンデーサイレンス系であることが重要です。

もう1つの傾向としては、母父がロベルト系の馬がかなり馬券になっています。
特にディープインパクトと相性がいい事も覚えておいたほうがいいでしょう。

東京2400mが得意な種牡馬

種牡馬勝率複勝率単回収複回収
ルーラーシップ28.6%64.3%5592
ネオユニヴァース28.6%71.4%74168
キングカメハメハ18.8%37.5%13683
ジャングルポケット16.7%50.0%95103
ディープインパクト15.6%35.9%6758
ハーツクライ12.1%45.5%127102
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50
6戦以上のキャリア 特別戦のみ

次に東京芝2400mコースの種牡馬別成績を出してみました。

まずルーラーシップキングカメハメハといった「キングマンボ系」の好走率がかなり高くなっています。
他のキングマンボ系種牡馬はロードカナロアが代表的な種牡馬です。

あとルーラーシップ・ジャングルポケット・ハーツクライ3頭の種牡馬が共通して持っている血が「トニービン」です。
トニービンの血を持つ馬は、このコースを得意としています。

先週の東京芝種牡馬傾向

種牡馬勝利数
キングカメハメハ2勝
ローズキングダム1勝
フレンチデピュティ1勝
ディープインパクト1勝
タイキシャトル1勝
ゼンノロブロイ1勝
ストーミングホーム1勝
スクリーンヒーロー1勝
キンシャサノキセキ1勝
オルフェーヴル1勝
最後に先週の東京芝コースで勝利した馬の種牡馬をまとめておきます。

キングカメハメハが唯一の2勝でローズキングダムが1勝とキングマンボ系が活躍しました。

他に勝っているのは、フレンチデピュティ・タイキシャトル・キンシャサノキセキ・ストーミングホームといった、全体的にスピードタイプの種牡馬が多いのが、先週の傾向となっています。

もう1つ気になったのはミスタープロスペクターの血を持つ種牡馬が勝っているということ。
キングカメハメハ・ローズキングダム・ストーミングホーム・ゼンノロブロイがミスタープロスペクターの血を持っています。

まとめ

今日は日本ダービーで活躍しそうな血統を考察してきました。

日本ダービーが行われる東京芝2400mというコースは王道コースということもあり、やはり活躍するのは主流血統であることがわかりました。

特注血統はトニービン
ディープインパクト×ロベルト系日本ダービーでニックスとなっていることも覚えておきたいと思います。

先週の馬場傾向としては、スピードタイプの血が躍動しています。
米国型血統短距離血統には要注目です。

今日調べたことは、しっかりと予想に活かしていこうと思います。