こんにちは。
チェルシーです。

今開催阪神芝コースの傾向を調べていましたら、とても気になった傾向を見つけましたので紹介させていただきます。

先に答えを申し上げますが、今年秋の阪神芝コースは「ディープ系種牡馬」を買えば、馬券で勝てた可能性があったということです。

それではこちらをご覧ください。

阪神芝コース ディープ系種牡馬成績

【集計期間:9月7日~9月22日】
種牡馬系統着度数勝率複勝率
ディープ系13- 4- 4-23/4430%48%
【集計期間:9月7日~9月22日】
今年秋の阪神芝コースは、ディープ系種牡馬産駒が絶好調です。
複勝率が50%近くあり、勝率も30%とハイアベレージをマークしています。
それでは次にディープ系を種牡馬別に細分化したデータを紹介します。

ディープ系種牡馬別成績

種牡馬着度数勝率複勝率
ディープインパクト11- 1- 3-11/2642%58%
ディープブリランテ1- 2- 1- 4/ 813%50%
ワールドエース1- 0- 0- 0/ 1100%100%
キズナ0- 1- 0- 5/ 60%17%
トーセンホマレボシ0- 0- 0- 2/ 20%0%
リアルインパクト0- 0- 0- 1/ 10%0%

ディープ系の代表的な種牡馬といえば勿論ディープインパクトですが、近年は徐々に種牡馬も増えていました。
ディープインパクト以外で活躍している種牡馬はディープブリランテです。
ディープ系の中でもこの2頭には注目しておきましょう。

個人的にはトーセンホマレボシがディープ系のなかでは気になる存在です。
秋の阪神開催ではあまりレースに出場していませんが、この種牡馬も活躍が期待できる種牡馬です。
また後日トーセンホマレボシについて書きたいなと考えています。

秋の阪神開催も今週で最後となってしまいますが、阪神芝コースは「ディープ系」に狙いを定めてみてはいかがでしょうか。

予想の参考にしてみてください!

スポンサーリンク