こんにちは。
チェルシーです。

今週は函館スプリントSにスポットライトを当て、予想に向けてデータを分析していきます。
今週見るのはレース展開について。

夏競馬の到来を告げる名物レースの函館山スプリントS。
どういったレース展開になるのでしょうか。

まずは過去のレース傾向から見ていくとしましょう。


過去5年函館スプリントSのレース展開

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1セイウンコウセイ逃げ34.513
2ヒルノデイバロー差し33.96
3ナックビーナス先行34.39
Lap11.8-10.4-10.9-11.3-11.3-11.9
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ジューヌエコール差し33.92
2キングハート差し34.25
3エポワス追込34.13
Lap11.7-10.1-10.4-11.0-11.4-12.2
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ソルヴェイグ先行34.311
2シュウジ先行34.04
3レッツゴードンキ差し34.04
Lap11.8-10.6-11.0-11.5-11.3-11.6
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ティーハーフ追込34.01
2アースソニック追込34.72
3レンイングランド追込34.93
Lap11.7-10.3-11.0-11.6-11.8-11.9
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ガルボ差し34.13
2ローブティサージュ追込34.01
3クリスマス差し34.01
Lap11.9-10.8-11.1-11.4-11.3-12.0
※馬名の赤字は4番人気以下

上記表は、過去5年函館スプリントS好走馬の脚質・上がり3Fタイムと順位、レースラップといった、レース展開をまとめたものです。

どういった傾向があるのかを見ていきます。


とにかくハイペース

短距離戦らしく、とにかくハイペースとなります。

開催年によっては、スタートから2F目が10.1秒となる年があるなど、メンバーによっては相当なハイペースになることがあるのを念頭においておきましょう。


上がり3Fタイムはかかる

先程申し上げたとおり、かなりのハイペースになることと、洋芝コースで行われるということで、上がり3Fタイムはかかる傾向にあります。

大体34秒前半が目安となりますが、これは短距離としてはかなり遅いタイム。

最後はスピードよりも、スタミナ勝負になるということ。

こういったレースが得意な馬をピックアップすることが重要となります。


時には追込みも決まる

2015年は3着内馬全てが追込みと、短距離戦としてはかなりレアケース。

やはり極端なハイペースと、洋芝であることが要因です。

メンバー次第となりますが、逃げ先行馬が多いときは、こういった差し追込みが決まるレースとなるのも函館スプリントSの特徴です。


函館芝1200mで有利な脚質

脚質勝率勝率複勝率
逃げ1- 0- 0- 5/ 617%17%
先行2- 3- 2-11/1811%39%
差し2- 2- 2-18/248%25%
追込み1- 0- 1-17/195%11%
※データ条件:過去3年 良馬場 単勝オッズ1~50 OPクラス

続いては函館スプリントSの舞台となる函館芝1200mにおいて、有利な脚質・不利な脚質を見てみます。

通常1200m戦のような短距離レースは、逃げ先行が得意と言われていますが、函館芝1200mに限っては逃げ馬が大変苦戦しています。

先行が一番好成績となっていますが、差しも決まるコース。
上がりのかかる洋芝コースということで、こういった傾向が出ているものと思われます。


まとめ

函館スプリントSはハイペースになりやすいレースということが今日調べたことでわかりましたが、今年の函館スプリントSのメンバーは、前走逃げか先行をした馬が約半数を占めています。

例年の傾向と変わらず、ハイペースとなるでしょう。

こうなってくると差し馬の出番となりそう。
逃げ馬は苦しいレース展開になるのではというのが現時点での見解です。

タフな流れに強い馬をピックアップしていきたいと思います。

予想の参考にしてみてください。