こんにちは。
チェルシーです。

紆余曲折あった函館スプリントS2019。
レースは無事終了することができました。

今日はこの函館スプリントSの予想を、もう一度振り返っておこうと思います。


予想印と馬券の買い目

◎ アスターペガサス
○ タワーオブロンドン
▲ ダイメイフジ
☆ ペイシャフェリシタ

馬券の買い目...ワイドBOX ◎○▲☆


レース結果

1着...カイザーメランジェ
2着...アスターペガサス
3着...タワーオブロンドン

本命アスターペガサス、対抗タワーオブロンドンは馬券圏内に来たのですが、1着のカイザーメランジェまでは印が回らず。

私チェルシーの馬券はハズレとなってしまいました。

結果的にはトリガミとはなりますが、馬券をいつものワイドにしておくべきでした。

参考にした頂いた方、誠にに申し訳ありません!



予想振り返り


キングマンボ系を軽視したため、1着となったカイザーメランジェに印を回すことができませんでした。

キングマンボ系は欧州血統ということで軽視したのですが、サイアーラインを辿るとミスタープロスペクターにいきつきます。
すなわちミスプロ系という見方もできるわけです。

ミスプロ系は今回好走血統としていた米国型血統です。
パドックでの仕上がりも良かったですし、もう少し視野を広げて血統データを理解すべきでした。

母父もPサンデー系であり、血統的に好走する要素はあったので、こういう馬を拾えるようにならないといけないなと感じました。

次回からの教訓とします。


レース展開

2018年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1カイザーメランジェ逃げ34.04
2アスターペガサス先行34.04
3タワーオブロンドン差し33.51
Lap12.3-11.0-11.1-11.3-11.0-11.7
※馬名の赤字は4番人気以下

レース展開面での反省点は、逃げ脚質を軽視したことです。

コース傾向・レース傾向共に逃げは厳しいデータが出ていたのですが、昨年の函館スプリントSでは逃げたセンウンコウセイが勝っていました。

過去の傾向を読み解くことももちろん大切なのですが、レース傾向に関しては近年の傾向も参考にするべきだと思いました。

馬場の作り方は年々変化しているので、脚質は特に近年のレース傾向を参考にするべきですね。

レースラップも上がり3Fも読み通りだったので、悔しい結果です。

騎手

1着...江田
2着...小崎
3着...レーン

2着の小崎はコース巧者、3着のレーンは今ノリに乗っている騎手ということで買えるのですが、正直江田は軽視していました。

今回逃げることも読めませんでしたし、逃げの江田はやはり一発ありますね。
ちょっと私には拾えない騎手でした。


まとめ

今回の敗因は1着のカイザーメランジェを拾えなかったことなのですが、僕の予想ではどうやっても拾えなかったと思います。

拾えるとすればパドックでしょうか。
パドックでこの馬を見たときに、すごく良い馬体に仕上がっていましたので、もしかしたら来るかもというのはありました。

ただ予想を公開する身として、直前で馬券の買い目を変えるわけにはいきません。

こういった馬は調教で拾っていかなければならないと思いました。

出走頭数が少なくなったという理由で、いつものワイドから馬連に券種を変えたのもいけなかったと思っています。
ワイドなら結果的にはトリガミではありますが的中していましたし、選ぶ馬も変わっていたことでしょう。

印を打っている馬も4頭と絞っていましたのでワイドで良かったかなと思います。
ゼロ馬券とトリガミでは先に繋がるものが違いますので、次回からはトリガミを恐れずいきたいと思います。

色々反省点の多かった今回の函館スプリントS。
多数の出走取消もあり動揺したところも大きかったのですか、こんな事でブレないメンタルにならなければいけないと感じました。

来週は宝塚記念。
節目となるレースですので、必ず馬券を的中させたいと思います。

本日はこれにて以上となります。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!