こんにちは。
チェルシーです。

今週は函館記念を特集しています。

函館芝2000mで行なわれる重賞(GⅢ)となっております。

今週はこれまでに函館記念に関する記事を2本上げてきました。


今日はこちらの記事で調べたことをもとに、函館記念の予想を公開させていただきます。

近年波乱傾向となっている当レース。
今年は一体どういった結果となるのでしょうか。

函館記念予想

それでは予想に参ります。
予想の根拠を説明させていただく前に、私チェルシーの予想印と馬券の買い目からご覧になっていただきます。

予想印

◎ ステイフーリッシュ
○ レッドローゼス
▲ ナイトオブナイツ
☆ メートルダール

馬券の買い目

ワイドBOX
◎○▲☆

各100円 合計600円

スポンサーリンク


予想の根拠

今回は4頭に印を打ちましたが、なぜこの4頭なのか。

1頭ずつ見ていきましょう。

本命 ステイフーリッシュ

10父(父系統)母父(母父系統)
ステイフーリッシュステイゴールドキングカメハメハ
先行中谷雄太Tサンデー系キングマンボ系

前走の鳴尾記念は3着、京都記念は2着と、重賞レースで何度も好走し、安定感のあるところを見せてくれているステイフーリッシュ

ステイゴールド×母父キングカメハメハという配合。

函館記念はスタミナ豊富な欧州型の血が活躍するレース。

ご存知のようにステイゴールド産駒は道悪もこなすスタミナがあり、キングカメハメハは欧州型のキングマンボ系です。

おまけに母母父には欧州型のロベルト系で、母方は非常にスタミナあふれる血統構成となっています。

斤量が57.5kgと若干背負わされていますが、この馬の実力ならば全然問題ないと思います。

不安点といえば騎手になってくるのですが、今回は一流どころがあまりいませんので、血統と能力を重視して、ステイフーリッシュに本命を打つことにしました。

対抗 レッドローゼス

1父(父系統)母父(母父系統)
レッドローゼスステイゴールドGalileo
マクリ蛯名正義Tサンデー系サドラーズウェルズ系

通算成績が6-6-5-4と抜群の安定感を見せているレッドローゼス

ステイゴールド×母父ガリレオという配合。

父ステイゴールドについては前述したとおり。

母父ガリレオは欧州型の代表格とも言えるサドラーズウェルズ系。スタミナは抜群のものを持っている血統です。

母母父も欧州型ナスルーラ系で、母系はスタミナ豊富な血統となっています。

洋芝も得意としていますし、ベテランの蛯名なら内枠を活かして馬券圏内に持ってきてくれるのではないでしょうか。

単穴 ナイトオブナイツ

14父(父系統)母父(母父系統)
ナイトオブナイツハービンジャーサンデーサイレンス
差し池添謙一ダンチヒ系サンデー系

ハービンジャー
母父サンデーサイレンス
母母父ノーザンテーストという配合で若干スピード寄りの配合。

選定理由は騎手の池添です。

池添は函館競馬場の芝コース自体が得意ですし、近走14日間の勝率は33%(単勝オッズ50倍までを条件として)と一発を秘めています。

トップジョッキーが不在なので、重賞に強い池添騎手が存在感をしめしてくれそうです。

特注 メートルダール

8父(父系統)母父(母父系統)
メートルダールゼンノロブロイSilver Hawk
中団武藤雅Tサンデー系ロベルト系

ゼンノロブロイ×母父シルバーホークという配合。

ポイントは母父にロベルト系のシルバーホークという点です。

ロベルト系は欧州型血統で、スタミナに溢れた血統です。

函館記念でもロベルト系の血を持つ馬が何度も馬券になっています。

母母父にもスタミナ豊富なサドラーズウェルズを持っていて、スタミナの塊のような血統です。

洋芝経験はありませんので、まさにここで血統の出番です。

鞍上には若手のなかでも有望株の武藤

元々重賞で活躍していた実力馬が、ここで一変する可能性は大きいと見て、馬券に加えることにしました。

まとめ

今年の函館記念は、一流騎手の参戦が少ないということで、より血統にウエイトをおいた予想を行ってきました。

函館記念は洋芝で行なわれる2000m戦なので、とにかくスタミナが重要です。

天気予想も小雨ということで、稍重以上での開催が想定されます。

そうなるとよりスタミナが求められることになりますので、欧州型の血が躍動するのではという結論となりました。

ハンデ戦ですし、どういったレースになるのか非常に楽しみですね。

函館記念は7月14日曜日(日)15時45分発送予定となっています。

おまけ WIN5 1点買いチャレンジ

⑦-③-①-⑫-⑩


スポンサーリンク