こんにちは。
チェルシーです。

先週は函館記念が行われました。
私チェルシーの予想と馬券はどうだったのか。

簡単に振り返っておきます。

予想印と馬券の買い目

先程も申し上げましたが、まずは予想印とレース結果、馬券の結果を振り返っておきます。

予想印と着順

◎ ステイフーリッシュ ··· 3着
○ レッドローゼス ··· 6着
▲ ナイトオブナイツ ··· 8着
☆ メートルダール ··· 7着

馬券結果

買い目 → ワイドBOX ◎○▲☆

馬券はハズレとなってしまいました!
参考にしていただいた方、誠に申し訳ありません(-_-;)

スポンサーリンク



データ分析とレース結果

それではここからはなぜ馬券が外れてしまったのか。

週中で行ってきた各予想ファクターの分析結果とレース結果を照らし合わせてみます。


こちらがデータ分析についての記事となっています。

血統

2019年父(父系統)母父(母父系統)
1
マイスタイル
ハーツクライフォーティナイナー
Tサンデー系フォーティーナイナー系
2
マイネルファンロン
ステイゴールドロージズインメイ
Tサンデー系ヘイロー系
3
ステイフーリッシュ
ステイゴールドキングカメハメハ
Tサンデー系キングマンボ系
※馬名の赤字は4番人気以下

今回は欧州型血統にこだわって予想しましたが、欧州型血統はステイフーリッシュのみ。

マイスタイルマイネルファンロンは日本型×米国型の組み合わせでした。

ただ父はすべて欧州型の血を持つサンデー系の産駒でした。

次回からはもう少し種牡馬主体で見ていこうと思います。
難しく考えすぎなのかもしれませんね。

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1マイスタイル逃げ35.913
2マイネルファンロン先行35.66
3ステイフーリッシュ先行35.32
Lap12.7-11.7-11.9-11.7-11.8-11.9-12.0-12.0-11.6-12.3
※馬名の赤字は4番人気以下

レースラップは終始一貫した、折れ線グラフで表わすとブレの少ないラップでした。

ペース的に遅くはなかったのですが、逃げ先行が残る形に。

ブレの少ないラップ推移であったということで、後ろの馬は道中で脚を使わされることになってしまいましたね。

勝ったマイスタイルはもちろん強かったとは思いますが、鞍上の田中勝春騎手の好騎乗もあったと思います。

馬柱を見直すと前走逃げた馬は不在で、先行馬も少なかったので、単純に前の馬から狙えば結果的に馬券がとれていたかもしれませんね。
レース展開を読むのは難しいです。

まとめ

簡単にではありますが、函館記念の予想を振り返ってみました。

今日の反省点は、あえて血統を難しく考えてしまったことが敗因だと思っています。

もう少し種牡馬主体で考えていこうと思います。

レース展開についても、もう少しシンプルに考えていかないといけませんね。

いくら細かい所まで分析しても、馬券が外れれば結果的には負けです。

シンプルに簡単に考えても、馬券が当たればオッケー。

これからは結果にこだわっていきます。

来週は中京記念をやると思います。
またまたハンデ戦なので、次あたりは大きいのを狙っていきたいですね。

本日は以上です。
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

WIN5 1点買いチャレンジ結果

⑦-③-①-⑫-③
2着→9着→1着2着3着

スポンサーリンク