こんにちは。
チェルシーです。

今週は東京競馬場芝1800mで行われる重賞「エプソムC」を特集しています。

前回の記事ではエプソムCの血統に関することについて書かせたいただきました。

今日書かせていただくのは「レース展開」について。

過去のエプソムCのレース展開傾向や、エプソムCが行われるコースである「東京芝1800m」の特徴についても調べていきます。


過去5年エプソムCレース展開傾向

2018年重馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1サトノアーサー差し35.23
2ハクサンルドルフ追込34.71
3グリュイエール差し35.12
Lap12.8-11.1-11.5-12.3-11.9-11.9-11.6-11.8-12.5
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ダッシングブレイズ先行34.24
2アストラエンブレム先行34.24
3マイネルハニー逃げ34.611
Lap12.8-11.4-11.9-12.1-11.5-11.7-10.8-11.6-12.1
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ルージュバック差し32.81
2フルーキー差し33.02
3マイネルミラノ逃げ34.315
Lap12.9-11.3-12.1-12.2-12.0-11.8-11.0-11.4-11.5
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1エイシンヒカリ逃げ34.66
2サトノアラジン先行34.33
3ディサイファ差し34.12
Lap12.9-11.3-11.4-11.9-11.7-11.6-11.2-11.2-12.2
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ディサイファ差し33.61
2マイネルラクリマ先行34.15
3ダークシャドウ差し33.73
Lap12.7-11.4-11.8-12.2-12.1-11.8-11.2-11.3-11.7
※馬名の赤字は4番人気以下  

まずはレースラップから。
開催年によって、前半から速い流れになり後半は持久力勝負になる年と、前半スローペースで流れてラスト3Fからの瞬発力勝負になる年があり両極端です。

東京芝1800mは2コーナーポケットからのスタートとなるため、先行馬が多くいると先行争いが激しくなりペースが速くなります。

そして向正面から3コーナーまではかなり長いので、先行馬が少なくスタート後のポジション争いが落ち着いている場合は、スローペースになります。

全体の傾向としてみるとスローペースになりやすいようですが、出走メンバーや枠順によってレースラップがコロコロ変わるので、枠順確定後にレースラップを予想するのがいいと思います。

現在の登録馬で見ると、絶対的な逃げ馬というのはいないので、比較的スローペースなるのではないかと思っています。

脚質も前が有利な年と、後ろが有利な年とで別れます。
これは馬場状態によって大きく左右されると思うので、土曜日のレース傾向はしっかり見ておきましょう。

先週の東京芝コースは、スローペースであっても差しが決まりはじめていました。
今のところは中団から競馬をする馬が狙い目かなと思っていて、逃げそうな馬は割引きが必要かなというのが今時点での見解です。


東京芝1800mで有利な脚質

脚質1着数勝率複勝率単回収複回収
逃げ212%35%5778
先行923%49%12793
差し710%35%10582
追込み13%14%637
※データ条件:過去3年 良馬場 単勝オッズ1~50 OPクラス

東京芝1800mの脚質傾向を見ると、逃げがかなり苦戦傾向です。
逃げで複勝率35%というのは、全体の逃げの複勝率に比べてもかなり低い数字です。
回収率も低いので、逃げ馬から馬券を組み立てるのは危険といえるでしょう。

先行と差しの成績は良好です。
特に先行は全体の先行の複勝率よりも高くなっています。


先週の東京芝コースの脚質傾向

脚質着度数
逃げ0- 4- 1- 6/ 11
先行6- 4- 7- 25/ 42
差し4- 1- 3- 36/ 44
追込み1- 2- 0- 40/ 43

上の表は先週行われた東京芝レースの脚質別成績をまとめたもの。

先週1番活躍した脚質は先行です。
17頭が馬券になっていて、2番目に好走馬が多い差しを大きく引き離しています。

逃げが活躍した今開催のでしたが、徐々に追込みも決まりはじめています。
エプソムCが行われる日曜日の後半には、もっと差し追込みが活躍している可能性はありますね。
馬場傾向は要チェックです。


まとめ

今日はエプソムC予想にむけて、レース傾向を調べてきました。

今日調べたことをまとめておきます。
  • エプソムCはメンバーによってペースが大きく変わる。それにより瞬発力勝負になる年と、持久力勝負になる年とに分かれる。
  • エプソムCが行われる東京芝1800mは逃げ馬にとって過酷なコース。
  • 今開催の東京芝コースは、徐々に差し馬場となってきている。
以上のことに注意を払って、予想をしていきたいと思います。
馬券的中に向けて、邁進していきます!