こんにちは。
チェルシーです。

先週の安田記念は残念な結果となってしまいました。
気を取り直していこうと思います。

今週の重賞は、エプソムCとマーメイドSの2重賞が組まれています。

どちらを特集しよう迷ったのですが、1着賞金の高い「エプソムC」こちらを特集していこうと思います。

登録メンバーを見ても混戦模様といった感じで、予想のやりがいもあります。

1週間かけて各予想ファクターのデータを分析していくのですが、今日は当ブログが1番重要視している血統を見ていきます。


過去5年エプソムC好走馬の血統構成 

2018年父(父系統)母父(母父系統)
1
サトノアーサー
ディープインパクトRedoute's Choice
ディープ系ダンチヒ系
2
ハクサンルドルフ
アドマイヤムーンTheatrical
フォーティーナイナー系ヌレイエフ系
3
グリュイエール
ディープインパクトキングカメハメハ
ディープ系キングマンボ系
2017年父(父系統)母父(母父系統)
1
ダッシングブレイズ
Kitten's JoyHonour and Glory
サドラーズウェルズ系
2
アストラエンブレム
ダイワメジャーウォーエンブレム
Pサンデー系ミスプロ系
3
マイネルハニー
マツリダゴッホナリタブライアン
サンデー系ロベルト系
2016年父(父系統)母父(母父系統)
1
ルージュバック
マンハッタンカフェAwesome Again
Tサンデー系ヴァイスリージェント系
2
フルーキー
Redoute's ChoiceSunday Silence
ダンチヒ系サンデー系
3
マイネルミラノ
ステイゴールドPolish Precedent
Tサンデー系ダンチヒ系
2015年父(父系統)母父(母父系統)
1
エイシンヒカリ
ディープインパクトStorm Cat
ディープ系ストームバード系
2
サトノアラジン
ディープインパクトStorm Cat
ディープ系ストームバード系
3
ディサイファ
ディープインパクトDubai Millennium
ディープ系ミスプロ系
2014年父(父系統)母父(母父系統)
1
ディサイファ
ディープインパクトDubai Millennium
ディープ系ミスプロ系
2
マイネルラクリマ
チーフベアハートサンデーサイレンス
ダンチヒ系サンデー系
3
ダークシャドウ
ダンスインザダークPrivate Account
Tサンデー系
※馬名の赤字は4番人気以下

過去5年の好走馬を見てみると、好走馬15頭中13頭が父か母父がサンデーサイレンス系となっています。
昨年2着ハクサンルドルフの父アドマイヤムーンは自身の母父がサンデーサイレンスとなっていますので、好走馬ほぼ全頭がサンデーサイレンスの血を持つことになります。
サンデーサイレンスの血は必須と言えるでしょう。

サンデーサイレンス系の中でも特に活躍が目立つのは「ディープインパクト」
今開催の重賞レースでもディープインパクト産駒が大活躍しているので、注目すべき種牡馬であると言えます。

他には中距離型サンデーサイレンス系である「Tサンデー系」の活躍も非常に目立っています。
上の表に出ている種牡馬以外だと、ハーツクライも同じ系統になります。

これらサンデーサイレンス系と相性がいいのは、スピードタイプの種牡馬です。
中でも米国型ノーザンダンサー系・ダンチヒ系・ミスタープロスペクター系との組み合わせに実績があることを覚えておきましょう。


東京芝1800mが得意な種牡馬

種牡馬勝利数勝率複勝率単回収複回収
ディープインパクト27勝15%38%7073
キングカメハメハ9勝17%31%14969
トーセンホマレボシ1勝8%46%146156
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50
6戦以上のキャリア 出走メンバーの種牡馬のみ

東京芝1800mの勝利数トップ種牡馬はディープインパクト
勝率・複勝率共に高く、とても得意としているコース。

キングカメハメハ産駒も得意なコースとなっていて、王道血統が活躍するコースといえます。

トーセンホマレボシ産駒は勝率こそ低いものの、複勝率がかなり高くなっています。
トーセンホマレボシ自身の父はディープインパクト。
「ディープ系」には注目のコースです。

東京芝1800mで穴をあける種牡馬

種牡馬勝利数勝率複勝率単回収複回収
ディープインパクト3勝5%8%7045
トーセンホマレボシ1勝13%63%237222
キングカメハメハ1勝5%11%20673
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ10~50
6戦以上のキャリア 出走メンバーの種牡馬のみ

次に東京芝1800mで、人気薄注意しておかなければならない種牡馬にも注目しておきます。

先程と顔ぶれは同じなのですが、トーセンホマレボシ産駒がより穴を開けています。
東京芝1800mでの注目種牡馬はトーセンホマレボシ産駒です。
馬券に加えておくのも面白そうですね。


先週の東京芝コース種牡馬傾向

種牡馬着度数
ハーツクライ2- 2- 0- 2/ 6
ジャスタウェイ2- 0- 0- 5/ 7
ディープインパクト1- 2- 0- 5/ 8
ステイゴールド1- 0- 0- 2/ 3
スクリーンヒーロー1- 0- 0- 5/ 6
ジャングルポケット1- 0- 0- 2/ 3
ゴールドヘイロー1- 0- 0- 0/ 1
オルフェーヴル1- 1- 1- 3/ 6
ヴィクトワールピサ1- 0- 1- 1/ 3
※1勝以上の種牡馬のみ抽出

勝利数トップは2勝でハーツクライ
自身の父がハーツクライである、ジャスタウェイも2勝と、「ハーツクライ系」が活躍した週となりました。

他にはディープインパクト・ステイゴールドなど、中距離タイプのサンデーサイレンス系てある「Tサンデー系」が多く活躍しています。


先週の東京芝コースで人気薄で馬券になった種牡馬

種牡馬着度数
ヴィクトワールピサ1- 0- 1- 0/ 2
ステイゴールド1- 0- 0- 0/ 1
ジャングルポケット1- 0- 0- 0/ 1
クロフネ0- 2- 0- 0/ 2
オルフェーヴル0- 1- 0- 2/ 3
ハービンジャー0- 0- 1- 5/ 6
エンパイアメーカー0- 0- 1- 0/ 1
※データ条件:単勝オッズ10~50倍

最後に先週の東京芝コースにおいて、人気薄で馬券になった種牡馬もまとめておきました。

全体的にスタミナタイプの種牡馬が揃っていますが、唯一2度人気薄で馬券になっているのはスピードタイプ種牡馬のクロフネです。

先週の安田記念は差し馬が活躍しましたので、徐々にスタミナとパワーが必要な馬場になってきているように思います。


まとめ

今日はエプソムCの血統傾向について調べて来ました。

ざっくりとした印象としては、スタミナタイプの種牡馬が活躍すること、相性の良い母父はスピードタイプの種牡馬であることです。

注目の種牡馬はトーセンホマレボシ産駒
比較的新しい種牡馬ですが、この条件をかなり得意としていて、今後も期待できる種牡馬なので、馬券検討に組み込みたいと思います。

今日調べたことは、しっかりと予想に活かしていこうと思います。