こんにちは。
チェルシーです。
涼しいくてすごしやすい日が続いていますね。

こんな時は近くの園田競馬場にでも遊びに行きたいなと思います。

さて今週は函館2歳Sと中京記念といった、2本の重賞が組まれています。

当ブログでは力を入れてやっていくのは「中京記念」です。

先週に引き続き、またまたハンデ戦ですが、しっかりとデータを分析し、馬券的中へ邁進していく次第です。

本日は中京記念の過去の傾向について見ていきます。

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

過去5年中京記念好走馬の血統傾向

2018年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
グレーターロンドン
ディープインパクト
ディープ系欧州×米国
2
ロジクライ
ハーツクライミスプロ系
Tサンデー系米国×欧州
3
リライアブルエース
ディープインパクトヌレイエフ系
ディープ系米国×欧州
2017年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
ウインガニオン
ステイゴールドダンチヒ系
Tサンデー系欧州×欧州
2
グランシルク
ステイゴールドロベルト系
Tサンデー系欧州×米国
3
ブラックムーン
アドマイヤムーンニジンスキー系
フォーティーナイナー系欧州×欧州
2016年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
ガリバルディ
ディープインパクトミスプロ系
ディープ系米国×欧州
2
ピークトラム
チチカステナンゴTサンデー系
グレイソブリン系日本×米国
3
ケントオー
ダンスインザダーク
Tサンデー系欧州×欧州
2015年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
スマートオリオン
グラスワンダーグレイソブリン系
ロベルト系欧州×米国
2
アルマディヴァン
メジロベイリーノーザンダンサー系
サンデー系欧州×欧州
3
ダローネガ
ダイワメジャーリファール系
Pサンデー系欧州×日本
2014年父(父系統)母系 国組み合わせ
1
サダムパテック
フジキセキノーザンダンサー系
Pサンデー系欧州×米国
2
ミッキードリーム
キングカメハメハサンデー系
キングマンボ系日本×欧州
3
マジェスティハーツ
ハーツクライボールドルーラー系
Tサンデー系米国×米国
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は過去5年中京記念における好走馬の血統構成をまとめたものです。

傾向を掴んでいきましょう。

種牡馬Tサンデーディープ重めの血統

種牡馬的に見ると、サンデー系の中でも中距離路線で多くの活躍馬を出している「Tサンデー系」の馬が活躍する傾向にあります。

他にはグレイソヴリン系・ロベルト系・
キングマンボ系といった欧州型のスタミナがありそうな種牡馬の活躍が目立ちます。

中京記念はマイル線ですが、最後の直線が長いこと、急坂があることなどから、よりスタミナを求められるコース形態ですので、中距離タイプの種牡馬が活躍するのでしょう。

母系欧州×米国 欧州必要

母系にも欧州型の血が入っているほうがいいですね。

好走馬のほとんどが、母父もしくは母母父に欧州型の血が入っています。

やはりスタミナが重要であることを裏付けています。

日欧米全て入っているバランスのいい血統

父・母父・母母父それぞれに、日本・米国・欧州型の血が入った、バランスのいい血統の馬が、活躍しています。

  • 中京は直線が長いことから日本型のようなスピードの絶対値が求められる。
  • 急坂があるので、起伏のあるコースに強い欧州の血が必要。
  • 急坂を登りきったあとにスピードを持続させなくてはならないので、米国型の血が必要。
こういったことから日米欧の血がバランス良く入った血統の馬が活躍すると思われます。

スポンサーリンク



過去5年中京記念好走馬の脚質・上がり3F、レース展開について

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1グレーターロンドン追込34.11
2ロジクライ先行34.95
3リライアブルエース追込34.23
Lap12.1-10.7-11.0-11.5-11.7-11.7-11.6-12.0
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ウインガニオン先行34.86
2グランシルク差し34.43
3ブラックムーン追込33.91
Lap12.4-11.1-11.2-11.6-12.1-11.3-11.3-12.2
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ガリバルディ追込33.61
2ピークトラム先行34.46
3ケントオー追込33.61
Lap12.3-11.4-11.8-11.7-11.8-11.2-11.5-11.9
2015年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1スマートオリオン先行35.17
2アルマディヴァン追込34.53
3ダローネガ追込34.64
Lap12.5-11.2-11.0-11.7-11.8-11.4-11.6-12.2
2014年稍馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1サダムパテック追込36.11
2ミッキードリーム差し36.32
3マジェスティハーツ差し36.32
Lap12.5-11.2-11.8-12.2-12.4-11.7-12.2-13.1
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は過去5年中京記念における好走馬の脚質・上がり3F、そしてレースラップをまとめたものです。

これを見て傾向を掴んでいきます。

ペースにかかわらず差し追込み有利

レースラップは開催年によって様々なのですが、脚質に関してはラップ推移関係なく差し追込みが有利な珍しいレースです。

ただラスト1Fで時計がかかるのは、全てのレースで共通しています。

このことが差し追込みが活躍できる要因となっていると考えることができます。

34秒台の上がりで好走歴のある馬

上がりが速いのが近年の日本競馬の特徴とはっているなかで、中京記念好走馬の上がり3Fタイムは34秒台が中心で、マイル戦としては若干上がりがかかるのが特徴です。

こういった展開の馬が活躍しやすいので、積極的に狙っていきましょう。

その他データ

わたくしチェルシーが最も重要視する予想ファクターは血統・騎手・レース展開です。

ここからはこれら3つの予想ファクター以外で、躊躇な傾向が出ている予想ファクターを簡単に見ておきましょう。

馬体重

馬体重着度数勝率複勝率
440~459kg0- 0- 0- 7/ 70%0%
460~479kg1- 0- 1-19/215%10%
480~499kg1- 3- 3-23/303%23%
500~519kg3- 2- 1-12/1817%33%
520~539kg0- 0- 0- 4/ 40%0%

480kg以上の比較的馬格のある馬が活躍しています。

前走クラス

前走クラス着度数勝率複勝率
同クラス5- 5- 4-62/767%18%
昇級戦0- 0- 1- 3/ 40%25%

昇級戦の馬が好走するのは厳しいようです。

前走距離

前走平地距離着度数勝率複勝率
同距離2- 2- 3-32/395%18%
今回延長3- 2- 1-19/2512%24%
今回短縮0- 1- 1-14/160%13%

距離延長の馬が活躍しています。
上りのかかるレースになることが多いので、短距離適性が求められるのかもしれません。

生産牧場

生産者着度数勝率複勝率
ノーザンファーム0- 3- 1-12/160%25%
社台ファーム1- 1- 0-11/138%15%
社台白老ファーム1- 0- 1- 6/ 813%25%
下河辺牧場1- 0- 0- 2/ 333%33%
いとう牧場1- 0- 0- 1/ 250%50%
コスモヴューファーム1- 0- 0- 1/ 250%50%
メイプルファーム0- 1- 0- 1/ 20%50%
タバタファーム0- 0- 1- 1/ 20%50%
ハクツ牧場0- 0- 1- 1/ 20%50%
藤原牧場0- 0- 1- 0/ 10%100%

社台系牧場の生産馬が強いです。

まとめ

今日は中京記念の傾向について調べてきました。

血統的には重めの血統、いわゆるスタミナの豊富な血統が活躍しますが、日米欧全ての血が入ったバランスの良さも求められます。

展開的には上りがかかることから差し追込みが有利。

これらの事を予想に活かしていきたいと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク