こんにちは。
チェルシーです。
夏競馬です。

多くの馬券師たちが苦労を強いられる夏競馬です。

ただ大きな馬券を狙えるのも夏競馬です。

今週から夏競馬が本格的に始まります。

当ブログでは中京競馬場で行なわれる短距離重賞のCBC賞に力を入れてます。

今日はレース展開について色々調べていきますので、最後までお付き合いください。

過去5年CBC賞のレース展開

2018年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1アレスバローズ差し33.24
2ナガラフラワー差し33.36
3セカンドテーブル先行34.416
Lap11.9-10.3-10.5-10.9-11.5-11.9
2017年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1シャイニングレイ追込33.21
2セカンドテーブル先行34.611
3アクティブミノル逃げ35.116
Lap12.0-10.5-10.7-11.1-11.1-12.6
2016年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1レッドファルクス追込32.71
2ラヴァーズポイント先行33.35
3ベルカント逃げ33.59
Lap12.2-10.7-10.9-10.9-10.8-11.7
2015年重馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1ウリウリ差し34.43
2ダンスディレクター差し34.75
3サドンストーム差し34.54
Lap11.9-10.4-11.1-11.2-12.3-12.2
2014年良馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1トーホウアマポーラ差し33.71
2エピセアローム先行34.211
3ニンジャ差し34.06
Lap12.1-11.0-11.1-11.3-11.4-11.7
※馬名の赤字は4番人気以下

上の表は過去5年CBC賞好走馬の脚質・上がり3F、レースラップといったレース展開についてのデータをまとめたものとなっています。

レース展開についてどういった傾向があるのか。
じっくりと調べていきます。

右肩上がりのラップが特徴的

CBC賞のラップ傾向としては、スタート直後から早いラップを刻み、最後が1番遅いラップとなる、グラフにすると「右肩上がり」のラップになることが特徴的です。

上がり3F順位が下位の馬が馬券になりやすいことからも、スピードの持続力と持久力に長けた馬が活躍することがわかります。

有利な脚質は差し

逃げ先行が活躍する年もあるのですが、基本的には差しが有利となっています。

先程も申したように、右肩上がりのラップになり、短距離戦にしては上がりがかかる展開になりやすいことが、差し有利になる大きな要因となっています。

スポンサーリンク


中京芝1200mで有利な脚質

脚質勝率勝率複勝率
逃げ0- 0- 2- 4/ 60%33%
先行1- 1- 1- 9/128%25%
差し3- 3- 2-19/2711%30%
追込み2- 0- 0-18/2010%10%


短距離戦としては珍しく、差し追込みに勝ち馬が集中しています。

差しに関しては複勝率も高くなっているので、狙い目の脚質です。

通常芝1200mというのは最後の直線が短いもの。
中京芝1200mは、全ての競馬場の1200m戦の中で、唯一最後の直線が400mを超えるコースなので差しが決まりやすくなっているのだと思います。

スポンサーリンク


まとめ

いつも思うのですが、レース展開を読むことは非常に難しいです。

いくら過去の傾向を参考にしても、今年のメンバー次第でガラッと展開が変わってしまうのが競馬です。

情報の取捨選択をしっかりとやっていかねばなりませんね。

今回のCBC賞に関しては、短距離線ながら差しが有利というのがわかりました。

これは中京芝1200mコースの特徴で、最後の直線が400mを超える長い直線と坂があることが要因です。
これは全ての競馬場の芝1200mで唯一です。

こういった根拠のあるデータを大事にして、うまく使っていかなければならないと思います。

予想の参考にしてください。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました!