こんにちは。
チェルシーです。

先週はCBC賞に力を入れて予想を行ってきました。

不良馬場で行われた今年のCBC賞は、一体どういった結果となったのでしょうか。

予想印と馬券の買い目

それではまず、わたくしチェルシーの予想印と馬券の買い目を振り返っておきます。


予想印
◎ アレスバローズ
○ セイウンコウセイ
▲ ショウナンアンセム
☆ グランドボヌール

馬券の買い目
ワイドBOX ◎○▲☆
各100円 合計600円。

レース結果

1着 ··· レッドアンシェル(無)
2着 ··· アレスバローズ(◎)
3着 ··· セイウンコウセイ(○)
馬券的中!ワイド◎-○ 1110円

おかげさまで、チェルシーの馬券は的中となりました!
ありがとうございます!

1番人気のレッドアンシェルにも印をまわせていれば、ワイド総取りでしたが。

でも一応プラス収支で終われたので、良しとしましょう。

データ分析とレース結果

ここからは先週の平日に行ってきた各予想ファクターのデータ分析と、レース結果を見比べていきます。

血統

2019年父(父系統)母父(母父系統)
1
レッドアンシェル
マンハッタンカフェStorm Cat
Tサンデー系ストームバード系
2
アレスバローズ
ディープインパクトトニービン
ディープ系グレイソブリン系
3
セイウンコウセイ
アドマイヤムーンCapote
フォーティーナイナー系ボールドルーラー系
※馬名の赤字は4番人気以下

1着レッドアンシェルの父マンハッタンカフェは好走血統ではありませんが、母父ストームキャットは好走血統の米国型血統でした。

レッドアンシェルに印を打たなかった理由は、まさに父が好走血統ではなかったことが理由です。

レッドアンシェルの鞍上は福永だったのですが、同騎手はコース料理・競馬場・近走成績全ての好走率が高い特注騎手でした。

こういった騎手が乗る馬が、すこしでも血統的にはいい部分があれば、積極的に印を打たなければいけませんね。
今後の教訓とします。

アレスバローズセイウンコウセイには本命・対抗印を打てたのは良かったと思います。

特にアレスバローズは人気薄でしたが、好走血統のディープインパクトということと、特注騎手の川田といったことを信頼して本命を打てたのが本当に良かったです。

馬的にはセイウンコウセイが1番良かったのですが、騎手の部分で不安があり対抗にしたのも良かったです。

やはり騎手は重要ですね。

スポンサーリンク


レース展開

2018年不馬場
着順馬名脚質上り3F上り順位
1レッドアンシェル差し34.41
2アレスバローズ差し34.41
3セイウンコウセイ逃げ35.05
Lap12.4-11.0-11.5-11.2-11.3-12.4
※馬名の赤字は4番人気以下

レース展開は考察の通り、極端な前傾ラップとなりました。

前傾ラップになったことにより、持久力にが問われる展開に。

全国の競馬場で唯一の直線が長い芝1200mコースなので、予想通り差しが馬券圏内を占める結果となりました。

いつもはうまくいかないレース展開の読みですが、今回はドンピシャでした。

レース展開を読み切れれば、馬券的中に大きく近づくことができるとわかった瞬間でした。

あとがき

今回は血統・レース展開・騎手のデータ分析が見事にハマり、馬券も的中となりました。

やはりこの3つの予想ファクターは、馬券的中に有効なファクターだと再認識することができました。

特にレース展開を読み切れたことは大きかったです。

もう一つは前回の反省を活かして、騎手に重きを置いたことも、成功した要因の一つだったように思います。

これからは血統と騎手が噛み合った馬は、積極的に印を打っていこうと思います。

来週も馬券的中となるように、精一杯の努力をしていきたいと考えています。
また当ブログブログを応援していただければ幸いです。

最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク