こんにちは。
チェルシーです。
宝塚記念も終わり、今週から本格的に夏競馬が始まります。

組まれている重賞は、CBC賞とラジオNIKKEI賞で共にハンデ戦。
今週は荒れる重賞レースが2本組まれているのですが、当ブログでは古馬重賞であるCBC賞に力を入れてやっていきたいと思います。

今日はいつものように僕が1番重視している予想ファクターの「血統」について、データを分析していきます。

最後までお付き合いください。

過去5年CBC賞好走馬の血統構成

2018年父(父系統)母父(母父系統)
1
アレスバローズ
ディープインパクトトニービン
ディープ系グレイソブリン系
2
ナガラフラワー
ダンスインザダークロックオブジブラルタル
Tサンデー系ダンチヒ系
3
セカンドテーブル
トワイニングサンデーサイレンス
フォーティーナイナー系サンデー系
2017年父(父系統)母父(母父系統)
1
シャイニングレイ
ディープインパクトクロフネ
ディープ系ヴァイスリージェント系
2
セカンドテーブル
トワイニングサンデーサイレンス
フォーティーナイナー系サンデー系
3
アクティブミノル
スタチューオブリバティアグネスタキオン
ストームバード系Pサンデー系
2016年父(父系統)母父(母父系統)
1
レッドファルクス
スウェプトオーヴァーボードサンデーサイレンス
フォーティーナイナー系サンデー系
2
ラヴァーズポイント
マイネルラヴタマモクロス
ミスプロ系グレイソブリン系
3
ベルカント
サクラバクシンオーボストンハーバー
プリンスリーギフト系ボールドルーラー系
2015年父(父系統)母父(母父系統)
1
ウリウリ
ディープインパクトフレンチデピュティ
ディープ系ヴァイスリージェント系
2
ダンスディレクター
アルデバラン2サンデーサイレンス
ミスプロ系サンデー系
3
サドンストーム
ストーミングホームGreen Desert
ミスプロ系ダンチヒ系
2014年父(父系統)母父(母父系統)
1
トーホウアマポーラ
フジキセキUnbridled's Song
Pサンデー系ミスプロ系
2
エピセアローム
ダイワメジャーCozzene
Pサンデー系グレイソブリン系
3
ニンジャ
グラスワンダーアドマイヤベガ
ロベルト系サンデー系
※馬名の赤字は4番人気以下

上記の表は過去5年CBC賞好走馬の血統構成をまとめたものとなっています。

このデータを見て、傾向を分析していきます。

注目は米国型血統

過去5年好走馬15頭中、11頭が父か母父が米国型血統となっています。

米国型血統の特徴としては、とにかく短距離レースに強いこと。

中京芝1200mで行なわれる当レースも例外ではなく、米国型血統が活躍するレースとなっています。

サンデー系ならマイル型が強い

父か母父にサンデーサイレンスの血を持つ馬の活躍も目立っています。

特にマイル志向の強いディープインパクト産駒やPサンデー系種牡馬が得意としているレースです。

スポンサーリンク


中京芝1200mが得意な種牡馬

種牡馬着度数勝率複勝率
ヨハネスブルグ3- 0- 1- 6/1030%40%
ロードカナロア2- 0- 3- 4/ 922%56%
データ条件:過去3年・良馬場・単勝オッズ1~50
6戦以上のキャリア

このコースを得意としている種牡馬は少ないのですが、ヨハネスブルグ産駒ロードカナロア産駒が得意としています。

ヨハネスブルグは勝率30%と高く、ロードカナロアは複勝率が50%を超えます。

ヨハネスブルグは米国型血統のストームバード系
ロードカナロアは欧州型血統のキングマンボ系
この2つの系統にも注意しておきましょう。

まとめ

夏競馬というのは特殊な条件で行われることが多く、血統の重要性が非常に高くなってきます。

特殊な条件で行われることで、普段活躍する血統の馬が凡走することが、夏競馬が荒れる理由です。

今日調べたことをしっかりと活かして、夏競馬初戦の馬券はしっかりと取っておきたいと思います。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!

スポンサーリンク